Navigation

チューリッヒ空港で象牙など密輸品押収

アフリカ象 Keystone Archive

チューリッヒ空港で9月23日、ケニア・ナイロビからのスイス航空機の積荷から象牙20本、サイの角などワシントン条約に違反する密輸品72kgが税関で押収されていたことが明らかになった。

このコンテンツは 2001/12/21 10:12

税関の報道官が20日明らかにしたところによると、9月23日ナイロビからチューリッヒに到着したスイス航空機が搭載してきた北京宛の「ハンディクラフト」と記載された木箱から、象牙20本、象牙装飾品4kg、サイの角2本、レオパードの毛皮が発見された。税関は木箱の押収を国連の反密輸当局に報告したという。

欧州の空港では、アフリカから中国への密輸品摘発が相次いでいる。ブリュッセル空港では象牙90本が押収され、中国人の医師15人が逮捕された。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

JTI基準に準拠

JTI基準に準拠

おすすめの記事: SWI swissinfo.ch ジャーナリズム・トラスト・イニシアチブの認証授受

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

パスワードを変更する

プロフィールを削除してもいいですか?