Navigation

ノバルティス2500人削減へ

これからはもっと単純な組織構造で Novartis

バーゼルに本拠地を置く製薬会社「ノバルティス ( Novartis ) 」は、2010年以降をめどに16億ドル ( 約1797億円 ) の大幅コスト削減を図るため、リストラ計画を発表した。

このコンテンツは 2007/12/14 08:54

人員削減の対象となるのは全従業員の2.5%に当たる2500人、スイス国内では1万2000人のうちおよそ500人だ。

前へ進め!

「フォワード ( Forward ) 」と名づけられたこの再編計画は、医薬品の売り上げが一時落ち込んだあとの今年10月中旬にスタートした。狙いは組織の単純化と作業工程を新しく形成することにある。

ノバルティスのアメリカ製薬部門は、ジェネリック医薬品の強力な競合他社や製品の販売中止を通じた減益などによる医薬製品業績伸び悩みが予想されている。今回の再編でコア事業への集中化を図り、2008年後半には製薬部門に新たな成長期をもたらしたいとしている。

人員削減は自然減や社会福祉的観点に即した対策を通じて行われる予定だが、スイスでは解雇や早期定年退職も免れない見込みだ。

swissinfo、外電

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。