Navigation

ブルナー委員会、情報機関改革案を発表

エドワルド・ブルナー元内務省長官が代表をつとめる情報機関研究委員会が木曜に出版した報告書で、スイスの情報機関は国防省直属となるべきで、専門家集団となるよう改革されなければならないとの提案が明記された。

このコンテンツは 2000/02/19 15:39

エドワルド・ブルナー元内務省長官が代表をつとめる情報機関研究委員会が木曜に出版した報告書で、スイスの情報機関は国防省直属となるべきで、専門家集団となるよう改革されなければならないとの提案が明記された。

報告書は、また、情報機関はシビリアン・コントロール下に置き、内部管理メキャニズム強化のため独立した監査人を任命するよう提案した。スイスは今でも情報機関を必要とするが、軍事色を薄める必要がある。過去10年間の地政学上の変化により、テロ、組織的犯罪、マネー・ロンダリングが軍事的危機よりも大きな問題となったとしている。また、情報機関員は、兵役から解放されるべきで、軍での階級は情報機関内での地位には関係ないとする提案も盛り込んだ。

委員会は、情報機関の報告は直接国防省にする事で、軍の統制から離そうとしている。しかし、軍の電子情報統合システムへのアクセスは維持するべきだとした。さらに、機関を監督し、連邦議会に毎年報告する6人で構成する委員会を設置することも提案した。

ブルナー委員会は、6ヵ月前、情報機関の簿記官が国防省資金を800万スイスフラン横領したベラシ事件発覚後に設立された。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。