Navigation

ベルンで欧州青年議会開催

第34回欧州青年議会(EYP-European Youth Parliament)が月曜からベルンで開催される。ベルンの連邦議事堂上には、初めて欧州旗が翻った。

このコンテンツは 2000/07/18 16:07

第34回欧州青年議会(EYP-European Youth Parliament)が月曜からベルンで開催される。ベルンの連邦議事堂上には、初めて欧州旗が翻った。

欧州青年議会は、各国の教育と政治に欧州的特質を備える目的で、1987年に創設された。16才から22才の学生が、民主的意志決定プロセスに参加し、政治的に中立な環境で意見を交換する機会を得る場となっている。欧州各国持ち回りで、毎年3回の会議が開かれる。

スイスは1995年に加盟、今回初めて開催国となった。今週いっぱい、欧州各国からベルンに集まった250人の若者が、欧州大陸の未来について討論する。

17日夜のオープニング・イベントで、青地に金の星の欧州旗が初めてベルンの連邦議事堂に掲揚される。スイスで欧州議会が開かれるのは、これが初めてだ。スイスは、欧州委員会と欧州安全保障協力機構(OSCE)に加盟しているが、EUにはまだ加盟していない。

初参加のアルメニア、ウクライナ、ロシアを含む28ヶ国250人の代表は、人権、失業、消費者保護、環境、文化などの問題を討議する15の作業委員会に別れる。EU拡大においてどのような規定を採用するべきか、NATO、国連などの国際機関の目的と役割について、等の議論が展開される。また、スイスの国民投票制度は、他の欧州諸国にとって興味あるものだとの声がある。各委員会は、金曜と土曜に開かれる総会に出席、決議案を採択し、欧州議会に提出する。

第34回欧州青年議会は、アドルフ・オギ・スイス大統領の後援、ベルン州・ベルン市当局、民間企業のスポンサーで開かれる。


このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。