Navigation

ベルンで瑞独外相会談

27日フィッシャー独外相がベルンを訪問、ダイス外相と会談し、チューリッヒ・クローテン空港の国境の独側までおよぶ騒音問題で、瑞独両国が歩み寄る事を求めた。(左・フィッシャー独外相、右・ダイス外相)

このコンテンツは 2000/09/28 16:12

27日フィッシャー独外相がベルンを訪問、ダイス外相と会談し、チューリッヒ・クローテン空港の国境の独側までおよぶ騒音問題で、瑞独両国が歩み寄る事を求めた。(左・フィッシャー独外相、右・ダイス外相)

会談終了後ベルンで行われた記者会見で、フィッシャー独外相は「騒音問題では、スイスの経済的地位、クローテン空港の国際フライトのハブとしての役割、そして空港近郊に住む人々の全てが考慮されなければならない。この問題解決には、我々隣国どうしの良い関係がかかっている。」と述べ、現実的な問題解決を求めた。

26日、スイス連邦政府は、独運輸省からの1日のうち特定な時間帯のフライトを制限するようにという要求を却下した。スイスは、10月26日に、代替案を提案する予定だ。

またフィッシャー独外相は、ダイス外相に対し、独議会は間もなく人の移動(往来)の自由に関する協定を批准すると確認した。また残りの6協定についても、年末までに調印されるだろうと、ダイス外相が語った。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。