Navigation

モンテシノス口座調書をペルーに提出

モンテシノス前情報局顧問 Keystone Archive

スイス連邦司法・警察省は、ペルーの公金1億2、000万ドルを不法に国外へ持ち出しスイスで資金洗浄をした疑惑のあるブラディミロ・モンテシノス前ペルー情報局顧問の昨年10月に差し押さえたチューリッヒとジュネーブの銀行口座に預金されていた総額1億2、000万スイスフラン(7、000万ドル)に関する調書をペルー当局に提出した。

このコンテンツは 2001/04/23 08:43

モンテシノス前情報局顧問はフジモリ政権崩壊後失踪しており、ペルー政府は逮捕につながる情報提供者には賞金850万スイスフラン(500万ドル)を出すと呼び掛けている。さらに、ペルー当局は先週ヴィクトル・ホイウェイ前首相・蔵相、ニコラス・デ バリ=ヘルモザ将軍の二人の公金国外持ち出し疑惑捜査を開始しスイスに司法協力を要請、二人が保有するスイス国内の銀行口座を凍結した。フォルコ・ガッリ司法・警察省報道官は、「司法警察省は、チューリッヒ当局がモンテシノス前顧問の件に関連するホイウェイ前首相とヘルモザ将軍の銀行口座を凍結したことをペルー当局に伝えた。凍結した預金の総額は2、500万ドル(4、250万スイスフラン)で、うち1、000万ドルはホイウェイ前首相の口座に、残りはヘルモザ将軍の口座に預金されていた。」と発表した。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。