Navigation

ユーゴ、スイスにミロシェビッチ資金洗浄疑惑調査団を派遣

ユーゴ議会前でミロシェビッチ前大統領の身柄引き渡しに抗議する支持者達。7月2日 Keystone

3日から旧ユーゴ国際戦犯法廷(ハーグ)でミロシェビッチ前大統領の審理が始まる予定だ。ベルンに2日、ユーゴ政府が派遣した前大統領が不正に着服した公金をスイスの口座に送金したとする疑惑の調査委員会が到着した。

このコンテンツは 2001/07/03 09:03

ミロシェビッチ前大統領と複数の側近は、1995年から政権が崩壊した2000年までの間に公金を不正に着服し国外の口座に送金したと訴えられている。スイスは、ユーゴスラビアからスイスの銀行口座に送金された現金と金の調査に着手している。これまでのところ前大統領に関連する資金は見つかっていないが、スイス当局は前大統領の側近が保有する約12の口座の預金1、200万スイスフランを凍結した。また、ミロシェビッチ政権時代にスイスに持ち込まれた金300kgについても現在調査中だ。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。