Navigation

ルツェルン州の国籍取得法改正案

国内外からの批判の集中砲火を浴びる結果となった3月12日エメンブリュッケ町の町民が国籍を申請した居留外国人のうち非西欧人全員を住民投票で否決した事件が記憶に新しいルツェルン州で、州当局は、外国人のスイス社会同化とスイス国籍取得を容易にするための住民法改正�

このコンテンツは 2000/04/20 16:10

国内外からの批判の集中砲火を浴びる結果となった3月12日エメンブリュッケ町の町民が国籍を申請した居留外国人のうち非西欧人全員を住民投票で否決した事件が記憶に新しいルツェルン州で、州当局は、外国人のスイス社会同化とスイス国籍取得を容易にするための住民法改正案を示した。

ルツェルン州政府が示した改正案は、スイスで育った若い世代の国籍取得の容易化を最優先とするもの。また、外国人のスイス社会同化計画のために経済的な援助をするという項目もある。州政府は、同化は外国人、スイス州民双方にとって有益だとし、連邦政府の移民政策・難民受け入れ政策に反対し、居留外国人の国籍申請を拒否するのは間違っていると訴える。

実際スイスには、入国する外国人の人数制限設定を希望する保守派グループが存在する。ルツェルン州政府は、連邦司法・警察省と共同で政策変更に関わる州当局と話し合いを始めると言う。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。