Navigation

レジオ・インスブリカって?

ティチーノ州とイタリアのコモ、ヴァレーセ、ヴェルバノ各州を合わせた地域、「レジオ・インスブリカ」の多くの住民は、今まで、そんな地方が存在するとは、聞いた事すらもなかった事が、ルガノ経済調査機構が2000人のこの地域の住民に対して行い、ミラノで出版された調

このコンテンツは 2000/02/15 15:28

ティチーノ州とイタリアのコモ、ヴァレーセ、ヴェルバノ各州を合わせた地域、「レジオ・インスブリカ」の多くの住民は、今まで、そんな地方が存在するとは、聞いた事すらもなかった事が、ルガノ経済調査機構が2000人のこの地域の住民に対して行い、ミラノで出版された調査結果で、明らかになった。

イタリア側の住民の4分の3以上が、レジオ・インスブリカについて知らなかったのに対し、ティチーノ州民で知らなかったのは55%だった。しかしながら、両国の住民とも、この地域に対する強い帰属意識を示した。

調査は、クロス・ボーダー経済関係の重要性に関する見解の相違を明らかにした。ティチーノ州民の60%が、未来の経済発展をイタリア側の隣人との結びつきによるとしているのに対し、イタリア側の住民の60%はイタリア国内の他地域との関係によると、見ている。

調査に答えた人々のほとんどは、この地域の結びつきは強化されるべきだとしていて、30%は共働は完全に活用されると確信している。レジオ・インスブリカの官公庁職員は、一般住民の意識を高める方法を研究している。

レジオ・インスブリカは、5年前にクロス・ボーダー協力推進を目的に設置されたが、法的権限は何もない。スイスとイタリアの有資格組織の、官僚的な弊害を除くためのプロジェクトを実施するのが目的だ。レジオ・インスブリカという名前は、BC 5世紀頃この地方に住んでいたケルト人、インスブリからとった。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。