Navigation

ロイエンベルガー大統領、インターラーケンで建国記念演説

演説するロイエンベルガー大統領 Keystone

建国記念日の1日、モーリッツ・ロイエンベルガー大統領はインターラーケンのインターナショナル・スカウト・キャンプで演説し、地球温暖化とグローバリゼーションについて述べた。が、会場には60人以上の極右が集まりやじをとばすなど妨害する場面もあった。

このコンテンツは 2001/08/02 09:51

運輸・エネルギー・環境相でもあるロイエンベルガー大統領は、人類の生命を脅かす地球温暖化について演説した。大統領は、二酸化炭素排出削減を定めた京都議定書の批准を拒否した米国を強く批判し「あの経済大国は環境を守るための最後のチャンスを何度妨害したら気がすむのか?我々は、CO2削減から逃れようとする米国がある大西洋の向こうを監視する必要がある。」と述べた。ロイエンベルガー大統領は、機会あるごとに米国批判を行っている。

さらに、大統領は「ノー・トップ、ノー・ボトム」すなわち「先進国、途上国に分類されない世界」という自身の世界観について話した。そしてグローバリゼーションに関しては、ついに死者を出したジェノバ・サミットの反グローバリゼーション・デモ隊と警官隊の衝突を上げ、「グローバリゼーションは恐れるべきことではないし、戦わなければならないことでもない。」と述べた。が、グローバリゼーションは政治と文化の両面から進められるべきものだとし、ワールド・シチズンシップの確立は1週間ほどの休暇旅行のためのものではないと強調した。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。