Navigation

世界の塔乗員、飛行中の暴力対策に団結

夏休みの旅行シーズンの開始にあたり、スイス航空はじめ世界の航空会社は、飛行中の暴力から塔乗員を守る対策を講じるよう、各国政府に圧力をかけている。

このコンテンツは 2000/07/08 15:56

夏休みの旅行シーズンの開始にあたり、スイス航空はじめ世界の航空会社は、飛行中の暴力から塔乗員を守る対策を講じるよう、各国政府に圧力をかけている。

Sエア系列のスイス航空、クロス航空、Bal航空の塔乗員組合Kapersは、スイス連邦政府に、塔乗員を乗客の暴力から守る法制備を要請している。

The International Transport Workers Federation(国際運輸労働者連合)は、安全な飛行を妨害する乗客は、どこの国でも起訴できるという保証を各国政府から取り付ける事に乗り出した。問題の中心は、司法権だと連合は言う。「我々は、2002年末までに、全ての政府に、飛行妨害の客の起訴を保証する国際協定に調印してもらいたいと思っている。」とサラ・フィンケ・スポークスマンは言う。

スイス連邦航空局は、スイスの現行法は、他の乗客および塔乗員の生命を危険に曝した乗客の逮捕を許可している。現行法を改正する予定はないが、状況別をベースとした改正を話し合う事は、望むところだと言う。

Kapersのスポークスマン、Ralph Knspfel氏は、スイスの塔乗員は、このような状況の処理能力に欠けていると言う。組合は、飛行中の機内での暴力行為に対処するため、搭乗員の訓練と装備を要求している。

Knspfel氏によると、スイスだけでも、搭乗員に対する暴力、性的嫌がらせ、言葉の暴力など、約500件が報告されている。フィンケさんは、飛行中の暴力行為は、近年4倍から7倍に増加したとし「3万フィートの上空では、警察を呼ぶことはできず、逃げ出す事もできない。他の乗客の恐怖も、堪え難いものだ。」と言う。「塔乗機を墜落させようとした客がいた。女性がウォッカの瓶で頭を殴られ、砕けたガラス片が体中に突き刺さった事件もあった。」

Knspfel氏は、行き過ぎた人員整理が塔乗員の飛行中の暴力処理能力不足につながったと説明する。塔乗員は、攻撃を受けた後も仕事を続けなければならないのだ。


このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。