Navigation

中部スイスで恐竜の足跡の化石発見

ニドヴァルデン州ベッケンリード近郊の石灰岩から、およそ1億2000万年前の草食恐竜イグアノドンの足跡10セット分の化石が発見された。中部スイスでの恐竜の棲息を証明する初の発見だ。(イラスト:イグアノドン)

このコンテンツは 2000/11/20 14:50

ニドヴァルデン州ベッケンリード近郊の石灰岩から、およそ1億2000万年前の草食恐竜イグアノドンの足跡10セット分の化石が発見された。中部スイスでの恐竜の棲息を証明する初の発見だ。(イラスト:イグアノドン)

バーゼルの自然歴史博物館は17日、ニドヴァルデン州ベッケンリード近郊の石灰岩からイグアノドンの足跡の化石を発見したと発表した。白亜紀層からの恐竜の化石発見は、スイスでは初めてだ。足跡は成体のものも含まれるが、30cmから40cmの大きさのものは幼体のもので体長は2m以下だった思われる。地質学者らは、足跡の歩幅から、イグアノドンの移動のスピードは時速2kmほどと計算している。



このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。