Navigation

仏警察 ビンラディン異母兄宅を捜査

カンヌのイェスラム・ビンラディン邸を捜査する仏当局、20日 Keystone

オサマ・ビンラディン氏の異母兄でスイス国籍を持つジュネーブ在住の実業家イェスラム・ビンラディン氏の南仏カンヌの別荘が20日、仏警察によって立ち入り捜査を受けた。仏当局は昨年12月からイェスラム氏が経営する投資会社をマネーロンダリング容疑で捜査している。

このコンテンツは 2002/03/21 10:11

イェスラム・ビンラディン氏が経営するジュネーブの投資会社サウディ・インベストメント・カンパニー(SICO)は、オサマ・ビンラディン氏のテロ組織アルカイダに資金を送金する役目を果たしていたとして仏当局の取り調べを受けているが、イェスラム氏はオサマ氏とは一切連絡を取り合っていないと一貫して容疑を否定している。イェスラム氏は1985年からジュネーブに在住。敷地7000�Fのカンヌの別荘は、97年に購入された。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。