ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

国連大学にスイス人の学長

工科大学チューリヒ校学長は引退後国連大学へ就任する

(Keystone)

5月9日、チューリヒ工科大学 ( ETHZ ) 学長のコンラート・オスターヴァルダー氏 ( 64歳 ) が、潘基文事務総長により東京の国際連合大学の学長に任命された。同氏は9月に就任する予定。

オスターヴァルダー学長は1997年から現職のハンス・ファン・ヒンケル氏 ( インドネシア生まれのオランダ人) の後任で、5代目の学長となる。

 国際連合大学 ( 国連大学 ) は国連が目的とする人類の平和と発展のために学術面で寄与する国際学術機関。環境問題を踏まえた持続可能な都市と産業の開発を中心に研究を行っている。環境問題に大きな成果を果たしているスイス人がこの国連大学の学長に選ばれることに、スイスの学術界は期待を大きく膨らませている。

学術交流に期待

 オスターヴァルダー学長は「新しいことに挑戦できるので非常に嬉しい。国連大学と連邦工科大学およびスイスの各大学との交流が高まることを期待したい。教育と研究に力をいてている国としてのスイスにおける教育の強化に必ずなる」というコミュニケを発表した。

 国連でオスターヴァルダー氏の任命交渉に当たったシャルル・クライバー連邦教育・研究局長は、今回の任命について「近年のスイスの研究と教育の努力が評価されたものだ」と語った。

 なお、スイスと日本は学術と技術面での交流を深めるための覚え書きを交わしており、今後さらに二国間の交流も深まると期待される。

 オスターヴァルダー学長は、チューリヒ工科大学で物理学を学び、ニューヨーク大学留学。ハーバード大学助教授として研究し教鞭を取った。1977年からチューリヒ工科大学教授就任。1995年から同大学学長に就任した。定年退職年齢である65歳に達する今年で同大学を退職する。

swissinfo、外電 佐藤夕美 ( さとう ゆうみ )

連邦工科大学チューリヒ校

ローザンヌ校とあわせスイス唯一の国立の工科大学。1855年に創立された。アインシュタインが教鞭をとったことで有名。また、これまで21人のノーベル賞受賞者を輩出し、国際的にそのレベルは高く評価されている。

インフォボックス終わり

国連大学

1973年第28回国連総会で国連大学憲章が採択され、1975年9月より活動を開始した。主な研究テーマは、平和、ガバナンス、開発、科学・技術と社会
職員211人 ( 約30カ国 ) 。 ( 国連大学のサイトから )

インフォボックス終わり

×