ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

地球温暖化でスキー・リゾート地減少・減益

地球温暖化の影響で、スイスのスキー産業が危機に瀕している。温暖化で雪が減り、スキ−場が縮小されれば、今後10年間で40%以上の減益になると、国立科学財団は警告している。

地球温暖化の影響で、スイスのスキー産業が危機に瀕している。今後10年間で40%以上の減益になると、国立科学財団は警告している。

10日発表された国立科学財団のレポートによると、地球温暖化の影響でスイス全土の雪線(万年雪のある最低境界線)は年々後退しており、低地のスキー場の多くは安全性が保証できなくなっているため、スキーの安全圏とされている高度基準を現行の標高1、200mから1、500mに上げなければならなくなる可能性が強い。となると、国内230カ所のスキー場のうち、安全地域とされるものは、現行の195カ所から144カ所に減少してしまうという予測を出した。

経済的な打撃はかなり深刻で、ウィンター・スポーツによる収益は約40%、210億スイスフラン(130億ドル)の減益になると、同財団は見積もる。現在すでに存亡の危機に立たされているスキーリゾートの将来は絶望的で、また、観光協会、スキーリフト・オペレーター、ホテルなどの関連業者への影響も無視できない。

財団のレポートに対して、標高の高いリゾートのプロモーションに力を入れるべきだとする意見や、悲観的すぎると無視する意見もある。が、国立科学財団は、もっと現実的な対処をするべきだと呼び掛け、観光客がもっと自然に触れられるような所を売り込んだ方がよいと助言。たとえば、エンガディン地方を訪れる観光客の40%は国立公園に行く事などを指摘している。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

×