ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

専門家の予測 地球温暖化 スイスはより暑く乾燥

Lake Gruyere during a dry spell

気候変動の影響で2003年と18年にスイスを苦しめたに猛暑と干ばつが当たり前になる恐れがある

(Keystone)

気候変動の影響でスイスは乾燥して温暖な気候になり、雨が増え雪は減る可能性がある。スイス気象台(メテオ・スイス)、連邦工科大学チューリヒ校、ベルン大学の専門家らが13日に明らかにした。

「気候変動に備え、うまく適応する必要がある」と連邦気候変動適応戦略プロジェクトの一環の「スイス気候シナリオ2018」を率いるアンドレアス・フィッシャーさんは言う。

このシナリオは、我々が既に経験している気候変動予測を証拠立てるものだ。世界的に対処しなければ、今世紀半ばまでに乾燥した夏、熱帯の日、豪雨、雪の減少といった4つの点で気候が大きく変化すると予想される。

干ばつ期間

長期的に平均降雨量が減少するため、スイスの土壌は乾燥した状態が続く。夏の平均気温は現在より2.5~4.5度高くなる。夏季には約3週間雨が降らない期間が発生すると予想される。

最高気温が平均気温よりもはるかに高くなるとも予想される。夏の最高気温は現在より2~5.5度上昇する可能性がある。

スイスは今後、03年や18年のような猛暑が当たり前になる恐れもある。人口密度が高く、低地にある都市部の猛暑が最も過酷だと予想される。

将来的には豪雨がより頻繁かつ激しくなると専門家らは予測している。年間降雨量が最も多い日は、現在と比べて平均約1割多く雨が降るようになる。

冬は現在より2~3.5度上昇し、はるかに穏やかになる。雨としての降水量はあるが、雪は降る量も頻度も減る。

 積雪地域が減少

低地では、積雪量は現在の約半分になる。0度の等温線は今日の850メートルから1500メートルに上昇。アルプスをまたがる国々は、積雪地域が減少する可能性が高い。

研究者は、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の出した二つのシナリオを元に、今後100年間の気候の予測計算を行った。一つは気候保全を行わないケース、もう一つは温暖化の気温上昇を産業革命以降の平均気温上昇を2度未満に抑える措置を行ったケースだ。

「有意義な気候保全を行えば、21世紀半ばまでに起こりうるスイスの全ての気候変動のほぼ半分、そして今世紀の終わりまでにはほぼ3分の2を阻止することができる」と連邦工科大学チューリヒ校の気候科学者、レト・クヌッティさんは言う。

「スイス気候シナリオ2018」は、07年と11年に続き今回で第3弾の気候予測。ベルン大学のエシガー気候研究センター他のサイトへのクリストフ・ライブレさんによれば、前回の予測から更に7年分のデータが増えたことにより、今後の気候の傾向がより正確に把握できたという。

Keystone-SDA/ds

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。