ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

就職活動
(Keystone)

スイスで就職活動するとき、応募書類は何を書けばいい?面接から採用までの流れはどうなっているの?そんなときはこちらのページを参照してほしい。

スイスでの就職活動は、求人を出している企業に対し、必要な書類と一緒に応募書類を送付することから始まる。

応募に必要な書類とは?

スイスで求人に応募する場合は大抵、必要な書類すべてを一度に送付する方が良いとされる。ただ不明な場合は担当部署に問い合わせた方が良い。

一般的には、大学の卒業証書のコピー、語学・資格証明書、履歴書(スイスではCVと呼ばれる)、レファレンス(前職での勤務実績を証明する文書。通常は退職時に受け取れる)、さらに志望動機を書いたカバーレターを提出するよう求められる。外国人の場合は、労働許可証、パスポートなどのコピーも一緒に送る。

電子メールで応募書類を送信する場合は、データ容量が大きくなり過ぎないよう注意が必要だ。

応募書類は何語で書く?

求人広告がドイツ語だった場合は、履歴書やカバーレターはドイツ語で書く。求人広告が2カ国語(ドイツ語とフランス語)だったら、ドイツ語かフランス語のどちらかで書く。英語の場合も同様だ。

「応募書類は●●語で」とはじめから指定している求人広告もある。

大学の卒業証明書、語学・資格証明書などは就職活動を始める前に、英文のものをあらかじめ取得しておくとスムーズだ。

履歴書には氏名や住所などの個人情報、職歴、学歴、語学能力、コンピュータースキルなど、雇用者にとって重要と思われる情報を記載する。顔写真の添付を求める企業も多い。

履歴書には雇用者に好印象を与えるよう、主な職歴とスキルを簡潔に書く。

履歴書とカバーレターは、それぞれA4サイズ1枚に収めるのが望ましい。職歴と学歴を時系列で記し、空白期間がある場合は雇用主にネガティブな印象をもたれないよう、理由を書く(「アジア太平洋地域を1年間旅行」「ドイツに1年間語学留学」など)。

人材紹介会社Manpower.ch他のサイトへのサイト(英語)には、履歴書などの書き方が載っているので参考にしてほしい。

応募が済んだら

応募書類を送った後は、大抵の場合、企業から書類受け取りの通知が来る。通知がない場合は、2週間ほど待ってから電話で問い合わせよう。

面接試験の通知は通常、電話で来る。書類選考を通過しなかった場合は、数週間以内に電子メールなどで返信が来るか、応募書類が返送されてくる。1カ月たっても連絡が全くない場合、その企業はスイスの標準的な手続きに則っていないと考え、電話で応募書類の返却を申し出よう。

面接試験

面接の形式や重要度は、基本的に日本と同様。既婚かどうか、子供はいるのかなど、個人的な質問をされることもある。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。