ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

スイスでの就職活動に役立つ情報をご紹介します。

就職活動を行うにあたり、応募先企業に好印象を与えることは重要ですが、マナーに注意して書類送付することはその第一歩となります。

応募書類の注意点

スイスで求人に応募する場合は大抵、応募に必要な書類すべてを一度に送付する方が良いとされますが、不明な点は採用担当者へ問い合わせることが必要です。

一般的には、履歴書及び志望の動機を記したカバーレターと一緒に、卒業証書、語学や資格の取得証書、これまでの雇用や職務経験を示すレフェレンスレターを一緒に提出するよう求められます。(スイスの労働者は退職する際、勤務先の企業から職務内容を記したレフェレンスレターを受け取ります)

電子メールで応募する場合は、添付ファイルの容量が多すぎて、送り先相手のメールボックスが満杯になったり、ダウンロードに時間がかかり過ぎたりすることのないように配慮することも必要です。

応募書類は何語で書くの?

応募先の言語圏により、求められている書類の言語が異なる場合があります。

求人広告がドイツ語で書かれている場合は、履歴書やカバーレターもドイツ語で書く必要があります。しかし、求人広告が2カ国語(ドイツ語とフランス語)で書かれていた場合は、ドイツ語またはフランス語のいずれか一つの言語で応募することができます。しかし、英語以外の言語で書かれている広告に、英語の履歴書やレターを送ることは望ましいことではありません。

添付する書類は、あくまでも内容が応募にあたって重要なので、ドイツ語、フランス語、イタリア語、または、英語で書かれていれば、問題はありません。応募にあたり、重要な書類はこれらの言語のいずれかに翻訳する必要がありますが、卒業証書や各種証明書の翻訳に公式な規定はありません。

証明書類の原本は送らず、コピー書類を送らなければなりませんが、公証人が承認した書類を要求されることもあります。

応募の際は、個人情報、職歴、学歴、語学能力、コンピューター・スキルなど雇用者にとって重要と思われる情報を記載し、応募者の証明写真を添えます。

履歴書を書く際の基本的なルールは、雇用者が履歴書やカバーレターに目を通した際に好印象を持つよう、主な職歴とスキルと言語能力を簡潔に書くことです。

一般的に、履歴書とカバーレターは、それぞれA4サイズ1枚に収めるべきです。職歴と学歴を時系列で記し、空白期間がある場合はそれについての説明を記すようにします。例えば「アジア太平洋地域を1年間旅行」と記す方が、何も書かないより好ましいとされます。そうした説明が無い場合は、職場で問題があったため、職歴からその職の経歴を削除したと見なされる可能性があるためです。

人材紹介会社のManpower.ch他のサイトへのサイト(独/仏/伊/英語)には、履歴書およびカバーレターの書き方の例が載っていますのでご覧ください。

採否の通知

応募書類を送った後は、大抵の場合、応募先企業から書類受け取りの通知が来ます。通知が無い場合は、2週間ほど待ってから電話で問い合わせましょう。

書類選考通過後は面接試験のお知らせがきますが、不採用の場合は、通知と共に応募書類が返送されます。1カ月たっても連絡が全くない場合、その企業はスイスの標準的な手続きに則っていないと考え、電話で応募書類の返却を求めることができます。

面接試験

面接の形式や重要度は、基本的に日本と同様ですが、家族構成など個人的な質問をされることもあります。

swissinfo.ch

 

×