ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

新型コロナ対策 スイス、3段階でロックダウン解除 まずは生活密着サービス

Man and barrier

スイスでは3月16日からロックダウン(都市封鎖)が続いていたが、4月27日以降3段階で正常化する計画が発表された

(Keystone / Gian Ehrenzeller)

スイス連邦政府は16日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)を防ぐための行動制限を解除する出口戦略を発表した。4月27日、5月11日、6月8日の3段階で制限を緩めていくが、流行状況によっては遅れる可能性もある。通常通りスイス観光を楽しめるようになるのは、夏以降になりそうだ。

政府はロックダウン(都市封鎖)を3段階で解除他のサイトへする。まず4月27日に美容院やガーデンセンターなどが営業を再開。5月11日から義務教育の学校や一般の商業店も始まる。そして6月8日に高等教育機関や美術館など公共施設が再開する。ただしCOVID-19が再流行しないことが条件だ。

シモネッタ・ソマルーガ連邦大統領は16日の記者会見で、制限解除の道筋を示したことで「企業は社会的距離や衛生のルールを整え、営業再開への準備をする猶予がある」と語った。

COVID-19 6日にさらなるロックダウン緩和 スイスの新型コロナ情報

スイス政府では6日、新型コロナウイルスに伴うロックダウン(都市封鎖)をさらに緩和し、大学や職業訓練校、高等学校の授業が全面再開。レジャー・観光施設の営業が解禁されるほか、300人までの集まりやイベント(スポーツ試合やコンサート、政治活動など)も可能になる。

入国できる?

3月25日以来、スイス国民やスイスの滞在許可保持者、職業上の理由など一部の例外を除き、外国(リヒテンシュタインを除く)からの入国が禁止されている(最長6カ月間)。ソマルーガ氏は16日、国境管理については「司法・警察省と財務省に対し、(国境封鎖をいつ解くか)検討するよう指示した。隣国など他国の対応を踏まえなければならない」と説明した。

EU(欧州連合)は域内への移動制限を5月15日まで延長することを検討している。スイスはEU非加盟だが、欧州内の移動の自由を定めたシェンゲン協定に加盟しており、足並みを揃えるとみられる。

スイス入国時に国際空港で体温検査はなく、PCR検査は義務付けられていない。入国後の移動制限はないが、症状が出た場合は最低10日間自主隔離しなければならない。

日本の外務省他のサイトへも3月25日、世界全国・地域への不要不急の渡航を中止する勧告を出している。厚生労働省他のサイトへによると、スイスに滞在経験のある入国者は全員PCR検査を受け、結果が出るまでは自宅待機が求められる。

スイス・インターナショナルエアラインズは16日、運航を最小限に減らしている現行措置を5月17日まで延長すると発表他のサイトへした。長距離便はニューヨーク、間のみで、成田・チューリヒ間、3月初めに就航他のサイトへした関西・チューリヒ間は運休が続く。

乗り継ぎ便はロンドンまたはフランクフルト経由を日本航空(JAL)や全日空(ANA)が便数を減らして運航している。

国内の移動は?

スイス連邦鉄道(SBB/CFF)は3月19日から全国で本数を減らして運航している。連邦政府の出口戦略と足並みを揃え、4月27日と5月11日に段階的に正常化していくと発表他のサイトへした。トラム・バスなどの地域交通もダイヤを削減。登山鉄道は全て運休中だ。タクシー業者は通常通り運営している。

ソマルーガ氏は16日の会見で、まずは通勤・通学に必要な最小限の公共交通の再開に注力する意向を示した。登山鉄道や湖上船など観光交通は、第2弾以降の解除の是非と合わせて検討を続ける。「夏になっても移動方法が制限されていれば、政府に対処を求める声が大きくなることは認識している」として、観光シーズン前の再開を目指すことをにおわせた。

食事・宿泊は?

レストランやバーは3月16日以来閉鎖されている。禁止措置は4月26日までだが、その後どう再開していくか、政府は16日の会見で道筋を示さなかった。

「2メートルの距離を開けて友人とビールを飲んでも楽しくないし、マスクを着けて食べるのは難しい」(ソマルーガ氏)。店舗の規模や構造などにより、衛生ルールを守る方法も異なるため、一斉解禁ではなく段階的に再開させる可能性を示した。ただ具体的な判断時期は言及しなかった。

スーパーなど食料品店、テイクアウトやデリバリーはロックダウン中も営業が許されている。

ホテルはロックダウンの対象外だ。ただ併設のレストランは休業している。

施設や店舗、イベント、アクティビティは?

正常化第1弾の4月27日に解禁されるのは美容院やマッサージ店、タトゥー・コスメティックスタジオ、生花店、工務店、園芸店など。住民が日常的に利用する生活密着サービスで、社会的距離・衛生ルールを保てることが条件だ。歯科診療の制限も解かれ、病院で緊急でない手術もできるようになる。スーパーでは生活必需品以外の棚は封鎖されていたが、これも解除。葬儀は参列者が身近な家族に限定されていたが、制限がなくなる。

第2弾の5月11日にデパートなど一般店舗が再開し、ショッピングを楽しめるようになる見込みだ。美術館や博物館、動物園など文化施設の再開は第3弾の6月8日を予定。スイス観光の要であるアルプスの展望台は、登山鉄道の運行次第となりそうだ。

ただ第2弾以降の解除を実施するかどうか、連邦内閣は4月29日の閣議で改めて検討する。アラン・ベルセ内務相は16日、「できる限り迅速に、必要な限りゆっくり進めたい」と強調した。特に新たな感染者数や入院・死亡者数、入院率が判断基準になると説明した。

外部リンクへ移動

ニュースレター

週に1回お届けするswissinfo.chの日本語ニュースレターをご希望の方はこちらからご登録ください。

また音楽祭やスポーツ大会、政治集会などの大規模イベントの禁止についても29日に方針を示す。ベルセ氏は16日の会見で、イベントの開催は「最後に解禁するカテゴリーに属する」と述べた。

6月末にバーゼルで開催予定だった第31回ヨーデル・フェスティバルは17日、21年6月25~27日に延期すると発表他のサイトへした。3年に1度の開催だが、主要参加者やスポンサーとの調整がつき1年の延期になった。

スイス最大の野外フェス・パレオフェスティバルの主催者は16日、7月20~26日に予定されていた第45回の開催を中止すると発表他のサイトへ。1976年からの歴史で中止は初めて。2021年7月19~25日にセリーヌ・ディオンなど今年予定されていたプログラムと同じ内容で開催し、購入済みのチケットはそのまま使える。

7月3~18日のモントルー・ジャズフェスティバルも45年の歴史で初めて中止他のサイトへが決まった。

坂本龍一氏他のサイトへが登壇を予定する8月5~15日のロカルノ映画祭は、今のところ開催予定他のサイトへ。同映画祭のマルコ・ソラーリ会長は先月10日COVID-19に感染し入院していたが、今月12日に退院した。

サイクリングやハイキングは禁止されていない。だが公共スペースで5人を超えて集まることは引き続き禁止だ。違反は100フランの罰金が科される。

Hearken新型コロナウイルス

スイスの新型コロナウイルスに関する質問フォーム

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform mountain

デジタル化が可能にした山での暮らしとワークスタイル

デジタル化が可能にした山での暮らしとワークスタイル

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。