Navigation

柔道のアシュワンデンに念願のメダル

念願の銅メダルを獲得したアシュワンデン Keystone

セルゲイ・アシュワンデンは、90キロ級の3位決定戦でロシアのイワン・ペルシンに一本勝ちし、銅メダルを勝ち取った。

このコンテンツは 2008/08/13 14:27

13日、アシュワンデンが臨んだ試合は5つ。4勝目が銅メダルとなった。対ペルシン戦で決定的な技を決めたのは終了1分44秒前。それまで劣勢にあり、せっぱ詰まった状況に追い込まれていた。

81キロ級から90キロ級へ

しかし、アシュワンデンはこれまでペルシンに2勝している。今回の勝利で念願のオリンピックのメダルを手にした。

アシュワンデンはシドニー大会でもアテネ大会でもメダル候補と目されていたが、いずれも初戦敗退を喫した。世界選手権では81キロ級で銀、銅を獲得している。

彼の銅メダルはスイスが柔道で獲得した4つ目のメダルだ。ユルク・レトリスベルガーが1976年に銅、1980年に金を、そしてエリック・ヘンニが1964年に銀メダルを取った。また、この銅メダルは13日にスイスが獲得した3つ目のメダルでもある。

swissinfo、外電

90キロ級

金 イラクリ・チレギゼ ( グルジア )
銀 アマール・ベニクレフ ( アルジェリア )
銅 ヘサム・メスバー ( エジプト )
銅 セルゲイ・アシュワンデン ( スイス )

End of insertion

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。