Navigation

白ダイヤモンド、1820万フランで落札

白ダイヤモンドは最高額で落札され、クロエという名前を付けられた Keystone

およそ17グラム、84.3カラットのこの白ダイヤモンドはオークッションにかけられる前は、およそ2000万フラン( 約20億円 ) の値が見込まれていた。1800万フランという落札額は、ジュネーブのサザビーズのオークションにおいて1995年以来の最高額である。

このコンテンツは 2007/11/15 07:54

予想をやや下回る値段で落札したのは、高級ジーンズで有名な「ゲス ( Guess )」の創始者だった。

完璧なダイヤモンド

フランス語圏の日刊紙「ル・マタン ( le matin ) 」によれば、2005年にアフリカの鉱山で発見されたこのダイヤモンドは、発見当時は360カラットあった。それが2年間の加工を経て、わずか84.3カラットになったという。恐らく世界一高価でも、世界一大きくもないが、競売にかけられた最も大きなダイヤモンドであり、輝きが特別で完璧だとサザビーズは評価しているという。

このダイヤモンドを落札した、ジーンズのブランド「ゲス ( GUESS ) 」の創立者ジョルジュ・マルキアノ氏は、落札したダイヤモンドに自分の娘の名前であるクロエから取って名付けたという。

swissinfo、外電

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。