ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

競馬 スイスで最も美しい競馬場

競馬はスイス最大の娯楽ではない。それでもこの国には八つの競馬場がある。最も美しいのはアールガウ州アーラウの「シャッヘン(Schachen)」だ。レースが開催される夏の日には、約7千人の観客でにぎわう。

この競馬場でレースが行われるのは1シーズンに4日間。夏の初めと終わりに2日間ずつだ。2018年シーズンは9月9日に幕を閉じる。 

3日目に行われるメインレース「繋駕速歩(けいがそくほ)競走(Meisterschaft der Traber)」の賞金は4万フラン(約440万円)。1日あたり(レースは計7回)に支払われるお金は約10万5千フランに上る。この賞金額を確保するため、レースを開催する競馬協会はスポンサー探しに奔走しなければならない。大規模な競馬場の維持費もばかにならない。このため、夏に野外シネマなどのイベントを行い、収入を生み出している。

お金の代わりにエンターテイメントを

朝、競馬場の地面はみずみずしい緑色に覆われる。暑い夏の間も自動水まき機が稼動しているおかげだ。レース開催前に地面をチェック。状態は理想的だ。

出走馬72頭の準備が整った。午後、若手騎手のポニーレースが2回行われる。馬券販売窓口には徐々に行列ができ始める。齢を重ねた常連客に加え、若者の顔ものぞく。

「シェリー」、「マイタイ」、「シンシン」、「レ・サブレ・ブラン」。どの馬に賭けるかは二の次。賭けに参加することで体内をアドレナリンが駆け巡る。それが一番の楽しみなのだ。競馬初心者がフェンスの前に詰め寄せ、「自分の」馬が前を走り抜けるたびに声援を送る。

スイス最古の常設競技場

このレースはスポーツとして高く評価されているだけでなく、お祭りでもある。ポニーの乗馬体験や託児所があり、日曜日には特に子供連れの家族でにぎわう。馬をこよなく愛する少女も多い。

アーラウの競馬場は約100年の歴史を持つ。「シャッヘン」はスイス初の常設競馬場としてオープンした。1921年に最初のレースが開催。コンクリートの屋根付き観覧席が完成したのは1947年だった。何十年にも渡って改装、拡張を重ね、今日ではアーラウの「顔」になっている。

(独語からの翻訳・宇田薫)

Neuer Inhalt

Horizontal Line


swissinfo.ch

公式アカウントはじめました!

公式アカウントはじめました!

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。