第2回世論調査結果 「公共サービスに関するイニシアチブ」の支持率低下

世論調査機関GfSベルンの専門家によれば、公共サービスに関するイニシアチブの動向が定まらないのは、経済発展を求める人と公共サービスの向上を求める人との間で票が割れているからだという swissinfo.ch

スイスで6月5日に行われる国民投票に関し、スイス放送協会(SRG SSR)の委託で世論調査機関GfSベルンが、四つの案件について2回目の世論調査を行った。案件の一つ、公共サービスに関するイニシアチブの先行きは不透明だ。他方で、ベーシック・インカム導入案には7割以上が反対。道路の財源に関するイニシアチブでは、反対派が多数を占める。難民法の改正案は過半数以上の支持を得ている。

swissinfo.ch
swissinfo.ch

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する