Navigation

「イラクが民主化するには30年かかる」と中東専門家インタビュー

長年中東の特派員を勤めた中東問題専門家のアーノルド・ホッティンガー氏. SF DRS

中東評論家のアーノルド・ホッティンガー(Arnold Hottinger) 氏は「米国はイラクに民主主義を樹立する意思も余力もない」と断言する。

このコンテンツは 2003/03/24 18:25

ホッティンガー氏は戦争が長期化すれば中東地域一帯に混乱を招くだろうと分析する。

アーノルド・ホッティンガー氏はスイス紙「ノイエ・チェルヒャー・ツァイトゥング」(NZZ)の中東特派員を長年勤め、中東問題に関する著作を何冊も出版したスイスきっての中東評論家。同氏がイラク戦争についてスイスインフォのインタビューに答えた。

スイスインフォ:イラク戦争はどのくらい続くと思いますか ?

ホッティンガー氏:イラク軍の対応による。もし、サダム・フセイン大統領が早々と権限を無くし、軍と司令官との接触が途切れれば、イラク軍人はフセイン大統領からの束縛を恐れる必要がなくなり、早々に投降するだろう。

フセイン大統領が軍隊の指揮系統を維持した場合は戦争が長引く可能性がある。問題は、大統領がバクダッドに軍を集中させ、時間を稼ぎ、首都で血なまぐさい戦いに持ち込めるかどうかにある。

スイスインフォ:戦争が長期化すれば、周辺国へどのような影響が?

中東諸国の多くの国々では国民感情と政府の政策が相反することが多く、潜在的に危険だ。世論は既にこの戦争に憤っている。もし、人々がこのうえ、バクダッドでの死人やけが人の映像を目にしたら、抗議デモをやりかねない。最悪の場合は、アメリカと近いエジプトやヨルダン政府の転覆も考えられる。

スイスインフォ:イラクが民主化して他の中東諸国のモデルになるという考えは現実的ですか?

もし、アメリカが賢明に腰を据えて、20年から30年もかけるつもりなら可能だがアメリカはそういう意思はない。長くて2年くらいだろう。

スイスインフォ:イラク戦争は米国とサウジアラビアの関係にどのような影響を与えるでしょうか ?

これも戦争が長引くかどうか、被害者の数などによる。政府が懸命に国内を平穏に保とうとしてもサウジアラビアの人々の態度は戦争の行方に左右されるだろう。何故なら現在、王室は大変デリケートな立場にある。王朝の交代は差し迫ってきていおり、国は財政問題を抱えている。だから、以前と比べても現体制の立場はとても不安定である。

スイスインフォ:石油供給を確実にするという配慮とアラブ諸国のイスラエルへの態度を変えさせるという意向は戦争にどういった影響を与えると思いますか ?

それは、戦争の目的を考えれば判る。ドナルド・ラムスフェルド国防長官やポール・ウォルフォイッツ国防副長官などの保守派の動機はイデオロギーが第一。イデオロギー派はまず、世界での米国のポジションを考える。でも、もっと現実的で石油に集中して考えている人々もいる。今回のイラク戦争は報復攻撃であったアフガニスタン戦争に比べるとよっぽどイデオロギー的、新帝国主義的(neo-imperialist)だ。

スイスインフォ: この戦争はテロリズムにどういったインパクトがあるでしょう?

一方ではイスラム世界でテロへの動機が高まることは目に見えている。もう一方で、米国は戦争に集中しているのでテロに対する懸念は小さくなっている。その証拠にテロリストがまだいて、オサマ・ビン・ラディンもまだ捕まっていないのに、もうアフガニスタンが話題にならない。

スイスインフォ:イスラエル問題を解決せずして中東に平和は訪れるのでしょうか ?

アラブ語には“Solh ”(休戦)と “Salam”(平和)と二つの言葉がある。休戦はできても、平和は難しいだろう。平和はイスラエル-パレスチナ問題が解決しない限り有り得ない。パレスチナ人はイスラエル占領地に小さな国を樹立することを承認するだろうが、イスラエルはそのような領地を与える意思がない。



インタビュー、ジョナサン・サマーソン(翻訳、屋山)

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。