Navigation

12番目に平和な国

戦火は世界の各地で平和を脅かしている

「エコノミスト・インテリジェンス・ユニット」の調査によると、スイスの世界平和インデックスはオーストリア、カナダに続いて12番目だ。

このコンテンツは 2008/05/21 08:55

トップはアイスランドで、それに北欧諸国、ニュージーランド、日本が連なる。

アメリカ、ロシアは後寄り

エコノミスト・インテリジェンス・ユニットはイギリスのエコノミスト出版社の傘下にある調査機関で、世界の国や各産業分野、政治などにかかわる比較分析を行っている。

世界平和インデックスは、昨年初めて発表された。今年、スイスは2ポイント上昇して12位となった。後方にいるのはアメリカ ( 97位 ) 、ロシア ( 131位 ) 、そして現在戦火が渦巻いている国々だ。

査定の対象項目は、殺人事件の件数や住民10万人当たりの服役人口、教育、軍事費、人権など。

swissinfo、外電

2008年世界平和インデックス ベスト10

1.アイスランド
2.デンマーク
3.ノルウェー
4.ニュージーランド
5.日本
6.アイルランド
7.ポルトガル
8.フィンランド
9.ルクセンブルク
10.オーストリア

End of insertion

2008年世界平和インデックス ワースト10

140.イラク
139.ソマリア
138.スーダン
137.アフガニスタン
136.イスラエル
135.チャド
134.中央アフリカ共和国
133.北朝鮮
132.レバノン
131.ロシア

End of insertion

このストーリーで紹介した記事

JTI基準に準拠

JTI基準に準拠

おすすめの記事: SWI swissinfo.ch ジャーナリズム・トラスト・イニシアチブの認証授受

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

パスワードを変更する

プロフィールを削除してもいいですか?