Navigation

Skiplink navigation

コロナ大流行のジュネーブ、葬儀屋がパンク状態に

ジュネーブのお墓のいくつかは、遺体安置所が満杯だ © Keystone / Salvatore Di Nolfi

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による死亡者の急増で、ジュネーブの葬儀業者が対応に追われている。他のフランス語圏地域も限界に達しつつある。

このコンテンツは 2020/11/18 12:43
Keystone-SDA/SRF/jc

ジュネーブ市広報によると、同市の葬儀業者は1日18回の火葬を行っている。死亡から葬儀までにかかる日数は約10日と、通常の4~5日の倍近い。

サン・ジョルジュ墓地とデロワ墓地の遺体安置所は満杯で、遺体をジュネーブ大学病院(HUG)に移送せざるを得ない状態だ。

「この仕事に就いて50年、このような状況は見たことがない」。民間葬儀会社ムリスSAのジャン・ ムリス社長は、スイスの通信社Keystone-SDAに対しこう語り、ジュネーブが異常事態にあると説明した。

新型コロナの流行第2波に見舞われる欧州で、ジュネーブは最も感染者が多い地域の1つだ。病院も満床状態にあり、一部の患者をドイツ語圏の病院に移送している。死亡者数も上昇中だ。

ムリス氏によると、死亡者数は倍増した。同社では1日に3~7回の葬儀を行っており、故人の約7割がコロナ感染者だという。

スケート場に遺体安置?

他の地域の葬儀屋もてんてこ舞いだ。ジュラ州で葬儀業を営むジェローム・ボワザール氏は「過去2〜3週間、コロナ感染者やそうでない人の死亡数が急増している」と話す。今のところ対処はできているが、「従業員はギリギリの状態で働いており、労働時間が長くなっている」という。

スイス唯一の民営火葬場であるサン・レオナルド火葬場(フリブール)も稼働率が急速に上がっている。 マネージャーのジャン・ロベール・クレブ氏は「1日21時間、2つの火葬炉を土日もノンストップで稼働させている」と話す。遺体の到着後24時間以内に火葬を済ませるため、他の州からの火葬要請を断っているという。

ドイツ語圏のスイス公共放送(SRF)によると、フリブール州は遺体安置所の代わりにスケートリンクを使うことを検討している。ヴァレー(ヴァリス)州やヌーシャテル州、ジュネーブ州も同様の計画がある。

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場は+こちら+からアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する