ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

スイスの移民 スイスの移民滞在期間 日本人は半数以上が2年以内に帰国

スイスでは人口に占める外国人の割合が4分の1と、世界で最も高い。そのため、スイスでは外国人が頻繁に政治議論の対象となる。外国人は一体どれだけの期間スイスに滞在するのだろうか。連邦統計局と連邦移民事務局のデータを基に、グラフにまとめた。

 スイスを入国から15年以内に離れる割合がとりわけ高い(8割以上)のは、日本、米国、中国からの移民で、これらのうち半数以上が2年以内に出国している。

 一方、イタリア、フランス、ドイツ、オーストリア出身者の約6割は、スイスに15年以上滞在している。ちなみに、これら4カ国からの移民はスイスの外国人人口の約4割を占める。

graphic

graphic

 人の移動を専門とする国の研究機関NCCR他のサイトへによると、欧州連合(EU)および欧州自由貿易連合(EFTA)諸国から1998年にスイスに入国した外国人の半数以上が、7年半を過ぎた時点で出国している。しかし、「人の移動の自由」がスイスで導入された2000年以降では、EU諸国出身者の滞在期間は比較的短く、数年以内にスイスを離れていることがわかった。

移民シリーズ(パート4) 欧州で最も多くの移民を引きつける国は?

移民危機への対処に苦しむ欧州で、人の自由な移動を定めた合意が標的になっている。そのような中で、入ってくる移民より移民として出て行く国民の方が多い国はどこだろう?データを調べてみた。 ...

移民シリーズ(パート2) 世界の移民2億4400万人 最も多く受け入れている国は?

人口の3割近くが外国生まれの国、スイス。欧州では外国人比率が特に高い国の一つだ。世界的に見ると、湾岸諸国が最も多くの移民を受け入れている。ただし意外にも、世界人口に対する移民の比率は、過去25年間それほど大きく変わっていない。


(独語からの翻訳・説田英香)

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

×