Navigation

無料新聞で伸びるか 新聞の読者数

スイスでは無料新聞が毎日、駅やバスの中などに置いてある Keystone

2000年来、スイスでの新聞読者数がこれほど増えたことはない。ここ数年の無料新聞の浸透が理由だ。駅やバスの中で配布される手頃な無料新聞は待ち時間に読め、ますます多くの読者を獲得している。

このコンテンツは 2007/09/14 17:01
swissinfo.ch

メディア・広告研究所レンプ( WEMF/REMP ) の調査によると、ドイツ語圏ではツヴァンツィック・ミヌーテン ( 20分 ) 、フランス語圏ではル・マタン・ブルー ( 青い朝 ) が圧倒的読者数を誇る。

この調査はレンプ が2400人を対象に実施したもので、14歳以上のスイス人の91.6%が定期的に少なくとも1紙の新聞を読んでおり、92.6%が雑誌を1誌読んでいるという結果が出た。この数値は、2000年来、最高となる。スイスではレンプの調査はこの種の調査の最も重要なもの。

更なる無料紙増加

6カ月前の調査の定期的新聞読者数が90.3%と考えると、この1.3%の伸びは新参したフランス語圏の無料新聞ル・マタン・ブルー とヴァン・ミニュット ( 20分 ) 、ドイツ語圏の無料夕刊紙ホイテ ( 今日 ) に関係する。ドイツ語圏で最も読まれている新聞は無料新聞ツヴァンツィック・ミヌーテン で前回の調査より4万2000人の読者数増加で、堂々1位の121万2000人になった。

ドイツ語圏の無料新聞の市場も競争が激しくなってきた。9月17日には新たな無料紙「.ch」も参入し、無料日刊紙の4紙目となる。45万部を発行する予定で、住宅地などにスタンドを設ける。自宅から出たら直ぐに手にする1紙目の新聞として他社と差をつけるつもりだ。

メディア顧問、メディアマニア社長のマルコ・ロゼ氏によると「ドイツ語圏では5紙目の無料新聞の発行を検討しており、長期的にこれら全部が継続することは難しいだろう」と予測する。「マルチメディアが充実しているヴァン・ミニュット紙 などは確実に固定読者を得ている。それぞれ特長がないと生き残れない」という。

ドイツ語圏の有料新聞で圧倒的に人気を博しているのは、大衆紙ブリックで68万9000人の読者数を誇るが、前回より5000人減った。これを追って、中道左派のチューリヒのターゲス・アンツァイガー紙が53万6000人、アールガウ州のミッテルラント・ツァイトゥング紙が42万9000人、ベルンのベルナー・ツァイトゥング紙が40万5000人、そして格式高いと定評のチューリヒのノイエ・ツルヒャー・ツァイトゥング紙と続く。

フランス語圏

フランス語圏では無料紙のル・マタン・ブルーが35万3000人で読者数の先頭を切り、兄弟紙である有料の大衆紙ル・マタン ( 31万7000人 ) を追い抜いた。もう一方の無料紙、ヴァン・ミニュッツは27万6000人の読者を獲得した。

ヴォー州の日刊紙ヴァント・キャットル・オーン ( 24時間 ) とジュネーブのラ・トリビューン・ド・ジュネーブの読者数は数百人減ったものの、それぞれ24万人と16万8000人をキープしている。唯一、読者数が増えた有料日刊紙はヴォー州のラ・ヌヴェリストで11万2000人に達したが、一方ジュネーブで発行されるル・タン紙は11万9000人に減った。

調査を行った一人、レンプのヴィヴィアンヌ・ジンメルマン氏によると、「大きく見れば、傾向として、無料紙と情報が重ならない、地方の情報が満載されている地方紙が良く持ちこたえており、一般紙が伸び悩んでいる」という。また、無料紙はどこでも急激に成長しているのは確かだ。

無料紙が有料紙の地盤を育てる?

雑誌、新聞合わせても、フランス語圏で最も人気があるのは日曜新聞であるル・マタン・ディマンシュで55万2000人の読者数を抱え、2000年より8000人増えた。週刊誌ではフランス語圏のレブドが22万6000人と同じく8000人の新たな読者を獲得した。

無料新聞が有料新聞を追い込むという当初の見方は「少なくとも無料紙参入当時は当たっていた」と前出のロゼ氏。しかし、長期的には必ずしも正しくないという。「無料新聞を読んでいるのは15~35歳の若い層です。もともと、新聞など買ったことのない人が大半です。他方、有料新聞の読者の年齢層はかなり高い。だから、これら新聞を読む習慣をつけた読者層を今後、どう獲得するかが有料紙のチャレンジでしょう」と語る。

swissinfo、 屋山 明乃 ( ややま あけの )

レンプ社による新聞読者数

<フランス語圏>
- ル・マタン・ブルー ( le matin bleu ):35万3000人
- ル・マタン ( le matin ):31万7000人
- 20分 ( 20 minutes ) : 27万6000人
- 24時間 ( 24 Heures ) : 24万人
- トリビューン・ド・ジュネーブ ( la Tribune de Geneve ):16万8000人
- ル・タン ( le temps ) :11万9000人

<ドイツ語圏>
- 20分 ( 20 minuten ) : 121万2000人
- ブリック ( Blick ) :68万9000人
- ターゲス・アンツァイガー (Tages-Anzeiger ) :53万6000人
- ミッテルラント・ツァイトゥング (Mittelland-Zeitung) :42万9000人
- ベルナー・ツァイトゥング ( Berner Zeitung ) :40万500人
- ノイエ・ツルヒャー・ツァイトゥング (Neue Zürcher Zeitung ) :31万2000人

<イタリア語圏>
- コリエーレ・デル・ティチーノ (Corriere del Ticino ) :11万9000人
- ラ・レジオーネ (La Regione ) :10万6000人
- ジオルナーレ・デル・ポポロ (Giornale del Popolo ) :5万3000人

End of insertion

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。