ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

ソーラー・インパルス2世界一周の旅 最難関の太平洋横断に向け、名古屋空港を離陸

出発準備でコックピットに入ったアンドレ・ボルシュベルクさん。先週は直前に離陸を断念した

(Keystone)

太陽光エネルギーだけで世界一周を目指すスイスの電動飛行機ソーラー・インパルス2が日本時間の29日未明、全航程中の最難関といわれる太平洋横断に向け再出発した。同機は、天候不良のため6月1日に県営名古屋空港に着陸し、待機中だった。

 ソーラー・インパルス2は離陸から12時間後、もはや後戻りのできない地点を通過したと発表した。例え天候不良になっても再びアジアへ引き返すことはできず、飛行をそのまま続けるか、最悪の場合は太平洋上に不時着するしかないということだ。

 ソーラー・インパルス2は5月31日に、ハワイに向けて中国・南京を出発したが、ボルシュベルクさんの言葉を借りれば、太平洋上に「雲の壁」がかかったためその1日後、名古屋空港に緊急着陸した。それから再出発のチャンスをうかがっていたが、天候が回復せず出発は何度も延期された。先週は、両翼に1万7千枚のソーラーパネルをつけた同機が滑走路で離陸態勢に入っていたにも関わらず、直前に出発を断念せざるを得なかった。

外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 ソーラー・インパルス2は今年3月、アラブ首長国連邦アブダビを出発し、世界一周3万5千キロメートルの旅に出た。旅程の12区間を、飛行日数にして25日、時速50~100キロメートルで飛行する予定だった。

 自家用車ほどの重さしかない同機だが、ジャンボジェット機並みの翼幅を持つ。研究、設計、製造には12年の歳月が費やされ、同機の最初のモデルは2009年の試験飛行で、ソーラー機による高度と飛行距離の新記録を樹立した。

swissinfo.ch

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

×