学校でマスク義務化の動き スイス各州で感染予防に

新型コロナウイルスの感染拡大防止策として、ルツェルン州はギムナジウム・職業専門学校でのマスク着用を義務化すると決定した。 Keystone / Urs Flueeler

スイス中央部のルツェルン州が、新型コロナウイルスの感染拡大防止策として、高等学校(ギムナジウム)および職業専門学校でのマスク着用を夏休み明けから義務化する方針を発表した。スイスの教育機関としては初の義務化となる。ジュラ州や他の州も同様の対策をとる可能性がある。

このコンテンツは 2020/07/15 10:56
Isobel Leybold-Johnson, Keystone-SDA/SRF

学校教育は州の管轄下にあるため、秋学期の開始に向けどのような新型コロナ対策を講じるかは、各州が決定権を持つ。

ルツェルン州教育局広報課のレグラ・フバー氏は14日、swissinfo.chに対し、マスク着用の義務化を認めた上で、「ギムナジウムや職業専門学校の生徒と職員を効率的に感染から守るためにも、対面型の学習時間に限らず、休み時間や廊下でもマスク着用を義務付けることになるだろう」とコメントした。

ただ、「(大部屋、少人数グループ、スポーツの授業など)1.5メートルの距離が保てる場所では、マスク着用は義務ではない」。

当局は今後、8 月の新学期をどう開始するかについて詳細を決める。「新型コロナを取り巻く状況に変化が生じない限り、基本的にはマスクの着用が義務付けられるだろう」。

全国一斉の休校措置

今回の義務化によって、ルツェルン州は15~16歳以上の生徒が通うギムナジウムおよび職業専門学校の対面型学習を本格的に再開したい意向だ。

スイス政府は3月13日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、全国一斉の休校措置を取った。その後、義務教育機関(幼稚園、小学校、12~15歳までの生徒を対象とした前期中等教育学校)は一部の州を除き、5月11日に再開した。

ギムナジウム、大学、職業専門学校は6月8日に休校が解除されたが、少人数グループでしか授業ができなかったこともあり、実際には多くの学校が夏休み前までリモート学習を継続していた。

ドイツ語圏のスイス公共放送SRFによると、フランス語圏のジュラ州も同様のマスク着用義務化を検討しているが、まだ正式な発表はされていない。SRFの調査では、さらに10州が学校でのマスク着用義務化を検討していることが分かった。

全国州教育委員会代表会議(EDK/CDIP)の広報担当アレクサンダー・ゲルリングス氏は、スイスの学校内でのマスク着用は義務ではないが、どのような措置をとるかは各州の判断に委ねていると述べた。EDKはスイス通信社Keystone-SDAに対し、マスク着用に関する勧告をする予定はないと答えている。

フリブール大学

SRFによると、フリブール大学もまた、夏休み明けの秋学期からマスク着用の義務化を計画している。原則として講堂やセミナールームは席を1つ空けて座り、講師を感染から守るため、最前列を空けておく必要がある。

他人と最低限の距離が保てない場合は、講堂やセミナールームでもマスクの着用が義務となる。このルールは8月1日からスタートする。


共有する