Navigation

V アイガー東山稜登攀 -9-

ロンドンに行く

このコンテンツは 2007/01/14 23:59

私は住み憤れたグリンデルヴァルトの人々に別れを告げてロンドンに渡った。ここではウェストン師が待ち構えていて下さつた。登山のためにグリンデルヴアルトを勧められたのも同師であったこととて、登山の詳しい報告をした。師は自分の手柄のように喜んで下さった。そしてウェストン師の勧めで、ジャパンソサエティで一夕講演をした。顧ると恥かしい話だが、わが国の風景観と近代登山といったような題で、ウェストン師蒐集の、講中の寄進する手拭などを資料に使わせていただいた。話は山岳信仰などに触れたためだったろう、聴衆の一人から先達の行う印契について質間された。私は詳細を答えることができなかった。また他の一人は展示した手拭に、正明講とある文字を指して、しょうみょうこうと読むか、せいめいこうと読むかと質問をした。これらの人たちはみなアマチュア研究家なのである。不学の私は世間は広いと、今更ながら驚き自戒の念に椹えなかった。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。