Navigation

彗星に探査機ロゼッタがついに着陸!

探査機ロゼッタが彗星(すいせい)に投入した着陸機フィラエが11月12日、史上初の彗星着陸に成功した。その歴史的瞬間を、スイスインフォの記者はスイス・ベルンで宇宙化学の科学者たちと一緒に目撃した。彼らは、ロゼッタ計画を進めてきた欧州宇宙機関(ESA)に参加しロジーナ観測機器の開発にかかわった科学者だ。

このコンテンツは 2014/11/13 12:00
swissinfo.ch

ESAは今回の初の着陸で、フィラエが実際チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星のどの地点に着陸したのか、また機体が杭で固定されたかどうかは確定できないと発表している。着地の際にいったん跳ね返り、当初の着陸予定地とは違う場所に着地した可能性がある。

また、杭の打ち込みに失敗した際に、スイス製の降下システム(Active Descent System)がどのような役割を果たしたのかも、今のところ不確かだとしている。



この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。