ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

シンフォニーの歴史 スイス・ロマンド管弦楽団 創立100周年

スイス西部のジュネーブを拠点に活動するスイス・ロマンド管弦楽団が、今年で創立100周年を迎える。創設者のエルネスト・アンセルメは卓越した指揮者であり、著名な作曲家たちとも深い親交があったことから、楽団は国際的にも名を知られていた。偉大な指揮者アンセルメの残した遺産と後継者たちを、スイス公共放送RTSの映像で振り返る。

一流の交響楽団を持つチューリヒ、バーゼル、ベルンにならい、アンセルメはスイス・ロマンド管弦楽団を創設し、1918~67年の49年間、同楽団の指揮者を務めた。英レコード会社デッカと契約してからは膨大なレパートリーを録音したことで、スイス・ロマンド管弦楽団は世界中で名声を得た。特に20世紀のフランス、ロシアの楽曲の演奏で良く知られていた。アンセルメはラヴェルやラフマニノフ、ドビュッシーとも深い親交があり、またストラヴィンスキーの重要な作品の初演の数々も手掛けた。

レディー・ガガとの共演も?

スイス・ロマンド管弦楽団は今、国際的な名声を再び取り戻そうと努めている。現在の団員数は112人。ジュネーブの「ヴィクトリア・ホール」を本拠として活動しているが、建物の建設計画も進行中で、2023~24年までには新しいコンサートホールが完成する予定だ。

スイス・ロマンド管弦楽団はコンサートで演奏するだけではなく、ジュネーブ大劇場(Grand Théâtre de Genève)で公演されるオペラのオーケストラも務めている。17年1月には、英国人指揮者のジョナサン・ノットが音楽監督に就任した。先ごろ放送されたスイスのラジオ番組では、どんなスターと共演したいかという質問に、即座に「レディー・ガガ」と答えた。

ノッツが就任する前の16年12月には、スイス・ロマンド管弦楽団が初めて監査を受けた。12年以降、マネジメントの交代が続いたためだ。その監査では、芸術パフォーマンスのレベルが「不十分」だと判断された。監査を担当したスティーブ・エメネゲールは、「スイス・ロマンド管弦楽団を本来のあるべきレベルに戻すのは、ノッツ氏に与えられた任務だ」と述べている。

(RTS/swissinfo.ch)


(英語からの翻訳・由比かおり)

タグ

Neuer Inhalt

Horizontal Line


swissinfo.ch

公式アカウントはじめました!

公式アカウントはじめました!

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。