ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

バイエラー財団美術館のリヒター展 ゲルハルト・リヒターの60年とその多様な作風を一堂に

ドイツ人画家ゲルハルト・リヒターの作品は、そのテーマにおいても作風においても多彩だ。

現在バーゼルのバイエラー財団美術館で開催中の「リヒター展(5月18日~9月7日)」はスイスで行われるものとしては最大級で、まだ公開されていない最近の作品も含め、リヒターの主な時代の作品を一堂に展示する。

過去60年のキャリアで、リヒターは写真をもとにしたハイパーリアリズム的な作品から抽象的な作品まで幅広く制作した。また、この抽象的作品群でも、特色ある色彩からモノクロームまでと多様性に富んでいる。

リヒターにとって建築的な文脈はとても重要だ。「僕の作品が環境の一部になったり建築的になったら、これほどうれしいことはない。これは僕の夢だ」と話している。

今までに開催された「リヒター展」の数は、存命中の作家のものとしては最高を記録している(1256回)。この記録をさらに更新する同展は、スイスの有名なキュレーター、ハンス・ウルリッヒ・オブリスト氏とリヒター自身が一緒に企画したものだ(swissinfo.ch)。

タグ

Neuer Inhalt

Horizontal Line


swissinfo.ch

公式アカウントはじめました!

公式アカウントはじめました!

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。