ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

ベルナーオーバーラントの伝統行事 巨大なカウベルが鳴り響く 夜のパレード

年末に静かな夜を過ごしたい場合は、ベルナーオーバーラント地方の村マイリンゲンには行かないほうがよさそうだ。

ベルナーオーバーラント地方では、年末にドラムと巨大なカウベルが夜通し鳴り響く、伝統パレードが催される。古くから行われてきた伝統を引き継ぎ、その年の悪霊を追い払う意味を持つこのパレードが始まるのは12月25日の夜。年末まで毎晩、ハスリ渓谷に住む住民たちは村々でパレードする。参加者たちはその後30日に、その地方で最大の村マイリンゲンに大集合する。

参加者の格好はさまざまで、女性や魔女に変装したグループや動物の皮を身にまとったグループ、森から調達したツタや根をアレンジして衣装にしたグループもあれば、ごく普通の格好で参加するグループもある。

伝統的な衣装を身に着けた100人近い男性グループは、歩幅を合わせながらリズミカルに上半身を揺らし、巨大なカウベルを一斉に鳴らして歩く。パレードには角と長い首、くちばしを持つ巨大な生き物「シュナーベルガイス」が登場し、子どもたちや観光客を怖がらせる。

(文&写真・Christoph Balsiger、写真は2015年撮影)


タグ

Neuer Inhalt

Horizontal Line


swissinfo.ch

公式アカウントはじめました!

公式アカウントはじめました!

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。