ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

印象派の名画 世界で最も美しい美術館 ビュールレ・コレクション

チューリヒの実業家エミル・ゲオルグ・ビュールレ(1890~1956年)は、19世紀から20世紀初頭のフランス芸術に強く魅了された美術品収集家として、ヨーロッパ絵画において最も重要なコレクションの数々を集めた。

ビュールレ・コレクションは、フランス印象派および19世紀以降のポスト印象派の作品を多く所蔵。1951~56年にかけて、コレクションの大半が収集された。メインテーマは、近代芸術を基盤とした、自由な美的表現の発展だ。

ビュールレの家族は1960年に財団を設立し、200点の主要な絵画と彫刻を一般公開した。ビュールレ・コレクションは、ビュールレが生前暮らしていた家の隣に建てられている。

(画像:ビュールレ・コレクション)

Neuer Inhalt

Horizontal Line


swissinfo.ch

公式アカウントはじめました!

公式アカウントはじめました!

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。