ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

東京生まれの女子ボクサー、世界チャンピオンに!

「今は、日本とスイスの両方の文化を持っているということには誇りがある」と語るアニヤ・セキさん

(michaelschaer.ch)

アニヤ・セキさん(32)は、東京生まれベルン育ち。ボクシング歴5年でスーパーフライ級スイスチャンピオン。ベルンで8月20日に行われたグローバルボクシング連合(GBU)主催の世界チャンピオン大会では、ドイツ人ナターシャ・グティエー選手を倒し、初タイトルを獲得した。

人懐っこい笑顔とポニーテールの黒髪。もの静かに語る姿からは、過去15試合連続勝利の強豪ボクサーだとは想像し難い。

 亡き父は日本人。2006年にボクシングの世界に入り、わずか3カ月でスイスアマチュアチャンピオンに。2008年にプロ入りし、2度目の試合は1分間で相手を倒した。

 大会前に、「パートナー」である愛犬ロッキーとよく来るという、ジム近くの森を歩きながら話を聞いた。

swissinfo.ch : 15試合、勝ち続けていらっしゃいますが、初めて負けた試合のことを教えてください。

セキ : プロに転向して最初の試合は引き分け。2度目の試合で初めて負けました。あれが唯一のKOです。

負けた時のあの気持ち、あれだけは2度と、絶対に味わいたくないです。本当にひどい気持ちだった。でも、振り返ってみるとあの負けた経験が良かった。

勝つためにやっているわけですが、負けることはとても大事だと思います。勝つために負ける、負けてそこから何かを学ぶ。人生でも、常に勝ち続けるということはあり得ませんから。

初めての「負け」で、弱点を見つめ、それを克服するためにさらにトレーニングに励みました。それ以来ずっと勝ち続けています。

swissinfo.ch : 子どものころはどんなお子さんでしたか?

セキ : 4歳まで東京の渋谷で、父と母、祖父母、それと柴犬も一緒に暮らしました。

事情があって母と2人だけでスイスに来ました。そのころの私は、こちらの子たちと見た目が違うことを気にして、とにかく目立たないようにしていました。母は、意志の強い子になるように願ったようです。

そんな母に勧められて、6歳で柔道を始めました。柔道は好きでしたが、物足りなさを感じて、13歳で空手に転向しました。どうしても日本の武道をやりたかったのです。空手では形(かた)に惹かれました。

空手では成績もよくて、大好きでした。とにかく上手かったんです。これは、私の「日本人の血」に違いないと確信しています。

swissinfo.ch : 5年前にボクシングに転向して、一気に頭角を現わされましたね。

セキ : 偶然なんです、ボクシングを始めたのは。テレビで紹介されていたトレーナーを道で偶然見かけて、訪ねて行ってもいいかと聞きました。やってみたらすごく気に入って、それから毎日ジムに通いました。

いつも新しいことに挑戦したい。外国語もやりたいし、日本にも住みたいし。ただ、何かに挑戦すると決めたら、それを徹底して極めたい。

だから、ボクシングに出会って、空手はすぐにやめました。やると決めたからには、すべてをかけてボクシングに取り組んでいます。

swissinfo.ch : 日本語はもう話せなくなったそうですが、ご自分は日本人だと思うそうですね。

セキ : 5年ほど前に父を日本に訪ねたとき、2人で京都を旅しました。父は私に、「日本」を見せたかったのです。「今回は京都の半分だけを見せる」と言って、残りの半分は次回にと約束しましたが、その後父は病気で亡くなりましたので、あとの半分はまだ見ていません。

日本はやはり「私の国」だと思うし、もっと自分の国を知りたい。

私は日本の鍋とかラーメンとかも好きですけど、おにぎりが大好き。以前は、毎年オバアチャンを訪ねて日本に行きましたが、オバアチャンのおにぎりが何よりの楽しみでした。

swissinfo.ch : ところで、おにぎりは簡単そうに見えて、上手に握るのは難しいものだと思いますが・・・。

セキ : 簡単なことが、実は一番難しいですね。

空手で、左手をまっすぐ出して突く「追い突き」という形があります。左手をこうするだけです(左腕をさっと伸ばして見せる)。

これを習ったとき、「追い突きは、一生かかる」と先生に言われました。一生ですよ。どれだけ練習しても、「完璧」ということはないと。

ボクシングも同じです。だから私は続けるんだと思います。

これは日本人の哲学に通じることかもしれません。日本人は、繰り返し練習して、満足することなく一生かけて極めようとする。

swissinfo.ch : リングの上でも、ご自分の「日本人」を感じますか。

セキ : 侍は、自分の感情を表に出さないといいますね。例えば空腹で苦しくても、そうとは感じさせない振る舞いをする。

トレーニングでも、私は「疲れた」とか決して言いません。言わないようにしているのです。柔道でも空手でも、いつもそう努めてきました。

リングでは、当然強さを見せなければいけませんが、リングの外でも、自分の弱点は見せない方がいいと思っています。

私の中にある日本人的な気質は、人生にも役立っています。例えば、日本人の辛抱強さ、難しい局面で逃げない潔さ、とか。

swissinfo.ch : 試合の前に必ずやることはありますか。

セキ : 試合前は、朝起きてまず美容師に髪を結ってもらい、家で荷物を用意して、ロッカールームで黒のユニフォームを着て…。毎回同じ順番で同じことをします。

試合の後は、帰りを待っていてくれたロッキーと遊んであげて、夜通し「2人」でパーティです。「ロッキー、勝ったよー!」とか騒いで・・・。

(勝っていますから)興奮して眠れないし、おいしいものを作って、とにかくのんびり過ごします。

swissinfo.ch : 20日は地元ベルンで、現在空席のスーパーフライ級タイトルを狙う試合ですね。

セキ : 私は、例えばトレーナーに「勝て」と言われてやるのではなく、「自分のために」闘います。自分がやりたいことだからこそ、これまで勝ってきたし、20日ももちろん勝ちたいです。

今回は、グローバルボクシング連合(GBU)の世界チャンピオン大会ですが、ほかにも、国際ボクシング連盟(IBF)、世界ボクシング評議会(WBC)などの団体があります。

次に目指しているのが女子国際ボクシング連盟(WIBF)の世界タイトルです。来年には、達成できると思っています。

アニヤ・セキさん略歴(Aniya Seki)

1979年、東京都に生まれる。父は日本人。4歳のときに母ハンネロレさんとスイスに移住。

母の勧めで6歳で柔道を始め、13歳で空手に転向。2006年にボクシングに出会い、ジムに通い出して1カ月後の初試合に勝利。3カ月でアマチュアのスイスチャンピオンになり、2年間タイトルを防衛した後プロデビュー。

これまで19試合中、16勝2引き分け1KO負け。現在スーパーフライ級。GBU(Global Boxing Union、グローバルボクシング連合)世界チャンピオン。

世界ランキング:GBU1位、WIBF(Women's International Boxing Federation、女子国際ボクシング連盟)4位、IBF(International Boxing Federation、国際ボクシング連盟)5位、WBC(World Boxing Council、世界ボクシング評議会)14位。

8月20日、ベルンで行われたグローバルボクシング連合による世界チャンピオン大会で、空席のタイトル奪取を狙いドイツ人ナターシャ・グティエー選手と対戦した。10ラウンドの熱闘の末、見事世界チャンピオンのタイトルを獲得。

「日本で試合をすることが私の夢」と語る。

インフォボックス終わり

イベント情報

ボクシング・ナイト(Boxing Night)

日時:8月20日。17時開場、17時30分開始。

場所:Kursaal Bern, Kornhausstrasse 3, 3013 Bern

料金:60フラン

インフォボックス終わり

swissinfo.ch

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

公式アカウントはじめました

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。