ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

消えゆく小型ロープウェイ 存続の危機にさらされる小型ロープウェイ

山で農業を営む人々の生活に欠かせない小型ロープウェイ。しかし、この輸送手段も、もうすぐ過去のものになってしまうかもしれない。(SRF/swissinfo.ch)

スイスには現在、約200カ所に小型ロープウェイがある。だがその約半数が、維持費がかかり過ぎるために廃線の危機にさらされている。

事の発端は、2007年にスイスが欧州連合(EU)の規格に合わせるために導入した新しい法律だ。この法律によって小型ロープウェイにも、人気観光地にあるような大型ロープウェイと同レベルの厳しい安全基準が適用されることになった。この新しい基準を満たすために必要な修理や工事費は、大手のロープウェイ運営会社ならば観光客が払う運賃でまかなえるだろう。しかし、小型ロープウェイを所有する農家や組合にとって、何千フランという費用は、簡単に出せる金額ではない。

小型ロープウェイとは8人乗りまでのタイプを指す。隔絶されたアルプスの農家を麓(ふもと)と結ぶほか、観光客の足でもあり、資金繰りに悩む農家にとっては臨時収入源にもなっている。

ロープウェイの所有者たちは、その存続のため、政府に助成金を求める活動に乗り出した。この活動が、観光業界や環境保護団体から援助を受けるのは確実だろう。彼らにとっても、山頂の農家と麓の村の行き来のためには、新しい道路を建設するよりもロープウェイのほうが好ましいからだ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


swissinfo.ch

公式アカウントはじめました!

公式アカウントはじめました!

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。