ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

芸術界の女性 忘れられたスイスの女性芸術家③ビニア・ビル

ビニア・ビルの静物写真

ビニア・ビルの静物写真。無題、撮影日不明

(max, binia + jakob bill stiftung)

2019年は女性芸術家をテーマにした展示会がスイス各地で開かれている――まるでこれまでの遅れを取り戻すかのように。19~20世紀はスイスでも多くの女性芸術家が忘却の彼方に置き去りにされていた。スイスインフォは今週、死後ようやく名声を上げたり再発見されたりした5人の女性芸術家を紹介する。

ビニア・ビル(1904~1988)

この写真が撮られた1960年代には、カメラマンの仕事から離れていた

(Max Bill, max, binia + jakob bill stiftung)

写真家ビニア・ビル他のサイトへは1904年、チューリヒ生まれ。チェロ奏者になるためにパリで修業し、ベルリンのバウハウスでヨハネス・イッテンに写真を学んだ。スイスに戻ってからはフリーカメラマンとして様々な媒体に向け写真を撮った。1931年に建築家で芸術家のマックス・ビルと結婚。彼の作品を表現力豊かに撮影した。

個人的な写真も撮った。撮影旅行で出会った現代美術の先駆者たちとは、後にプライベートな付き合いが始まった。ビルの静物や肖像、花を題材に、写真を通した独特のコミュニケーションを確立。1930年代の雰囲気を伝える作品を生んだ。

自身の作品の展覧会を開いたり数々の芸術賞を受賞したりしたにもかかわらず、ビニア・ビルは夫の影に隠れることが多かった。息子のヤコブが生まれると仕事を辞め、夫のために身を尽くした。2004年にアールガウ美術館で単独展が開かれ、ようやく世の注目を集めることになった。

スイスインフォはスイスの美術館のアーカイブから、スイスの美術市場における女性芸術家のプレゼンスを分析しました。結果をまとめた記事は6月7日に配信予定です。Eメールで配信のお知らせを受け取りたい場合は、下のニュースレターにご登録ください。

インフォボックス終わり


(独語からの翻訳・ムートゥ朋子)

タグ

Neuer Inhalt

Horizontal Line


swissinfo.ch

公式アカウントはじめました!

公式アカウントはじめました!

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。