スイスで空き家の数が増加

チューリヒの空き家 Keystone

スイスの空き家の数は増え続けている。ただ以前よりもペースは緩やかだ。

Keystone-SDA/ts

連邦統計局によると、スイス国内の空き家の数は7万5323戸だった(6月1日現在)。総住宅数の1.66%に相当する。1年以上住み手のいない空き家は前年比4.2%増の3029戸だった。

ここ10年は上昇傾向が続いているが、その勢いは鈍化した。 2018年6月1日、空家の増加率は前年比13%で、総住宅数に占める空き家は1.62%だった。


8月末にクレディ・スイスが出した調査によると、移住トレンドに逆転現象が起き、住宅への国内需要も増えているからだ。

賃貸人協会はいまだ住宅が不足していると不満を漏らすが、銀行協会は政府の圧力を受け、賃貸住宅融資の規制をより厳しくしている。

ホットスポット

2019年6月1日の時点で、国内主要5地域で空き家が前年より増加した。増加率が最も高かったのはティチーノ州、中央スイス(ベルン州、フリブール州、ジュラ州、ヌーシャテル州、ソロトゥルン州を含む)。前年は増加が顕著だったチューリヒ地域とジュネーブ湖地域は減少に転じた。

空き家の一戸建て住宅は増加の一途をたどる。 6月1日時点で、賃貸・売却用の戸建て住宅は約7600戸に上り、前年に比べ5.6%増加した。

新築の空き家は、前年と横ばいの1万戸だった。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する