Navigation

カトリック教会、ユダヤ人に謝罪

スイスのカトリック教会は、第二次大戦中ユダヤ人迫害を止めるために充分な活動をしなかった事をユダヤ人に謝罪した。が、クルト・コッホ司教は、教会はナチ政権下での消極的な態度を謝罪するわけではないと強調した。

このコンテンツは 2000/03/11 14:48

スイスのカトリック教会は、第二次大戦中ユダヤ人迫害を止めるために充分な活動をしなかった事をユダヤ人に謝罪した。が、クルト・コッホ司教は、教会はナチ政権下での消極的な態度を謝罪するわけではないと強調した。

スイス司教会副会長のコッホ司教は、教会は歴史から学ばなければならない、反ユダヤ主義との戦いは教会協議の重要事項であり、過去の事実を闇に葬ってはならないと、司教会出席者に語った。

スイスユダヤ人協会のロルフ・ブロッホ会長は、声明を歓迎し、謝罪の不足は重要ではないと述べ「スイスユダヤ人協会は、スイスの司教達に謝罪を要求してきてはいない。我々は、今日彼等は反ユダヤ主義に対して何か行動しており、必要とされる時全人類に対して救済のために何かをしていて、ただ黙して座していないという点を評価する。」と語った。

スイス司教会は4月14日に、第二次大戦初期から現在までの、スイスのカトリック教会のユダヤ人に対する態度に関する公式報告書を出版する。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。