住まい

Ennio Leanza/Keystone


スイスでは、ほとんどの人がアパートなどの集合住宅に住んでいる。スイスで自分にぴったりのアパートを見つけるコツを紹介する。

このコンテンツは 2019/09/07 11:00

世界銀行の2015年調査によると、スイス国内では1平方キロメートル当たりの住人は210人。大半が賃貸アパートに住んでいる。

一般的なアパート探しにはhomegateImmoscout24などの総合的な住宅情報サイトが便利。住みたい地域や家賃、部屋数、賃貸用・購入用など自分の条件にあった不動産を簡単に探すことができる。家具付きの短期用アパートはUMS、ルームシェアを希望するならWG Zimmerがおすすめ。

スイスでは休暇や海外出張の期間中、家やアパートを貸し出す人が増えている。オンラインプラットフォームAirbnbの普及により、この方法で部屋を借りる人は過去3年で3倍に増えた。

転勤者向けのリロケーションサービス

スイスでは転勤者向けのリロケーションサービスが盛ん。国外から転勤してくる企業の重役、管理職の住宅や保険を手配するほか、役所の手続きも代行する。

契約条件

不動産の賃貸は、更新可能な年間契約が主流。転居する場合は通常3カ月前までにその意思を書留郵便で送る。契約満了を待たずに転居を希望する場合、自分で次の入居者を見つけなければならない。

借りている部屋は入居時と同じ状態で明け渡す必要がある。自分で清掃しても良いが、清掃業者に頼む人も多い。

賃貸契約、賃貸人の義務、契約締結・解約の一般的な手続きの詳細はch.chへ。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします