Navigation

Skiplink navigation

定年退職

Christof Schürpf/Keystone


低税率、美しい自然、優れた医療機関ー。そんな退職後の暮らしを求めてスイスに来る人は多い。移住に必要な情報を紹介する。

このコンテンツは 2018/10/06 11:00

EU/EFTA以外の第3国出身者(日本含む)で、定年後の生活をスイスで希望する人は、さまざまな条件を満たさなければならない。例えば、年齢55歳以上、スイスと深い関係がある(例:スイスに頻繁に滞在していた、家族がスイス在住、過去にスイス居住歴があるなど)、スイス国内外での有給雇用を求めない、生活基盤をスイスに移転する、生活に必要な財産を持っているーなど。

さらに、あらゆるリスクに備えて、スイスの医療保険と事故保険への加入が義務付けられている。スイス国内に不動産を所有しているだけでは、スイスと「深い関係」を持っていることにはならない。

EUおよびEFTA加盟国の国民は、本人と家族の生活費が十分ある場合に限り滞在許可証を与えられる。また移住後は、スイスの医療保険と事故保険への加入が義務。

最初の滞在許可証は5年間有効。その後は、条件を満たす限り5年毎に自動更新される。

詳細は、連邦政府のポータルサイト「定年退職した外国人がスイスで暮らすには」(英/独/仏/伊/ロマンシュ語)か連邦司法警察省移民局(BFM/ODM)(英/独/仏/伊語)へ。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する