ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

愛すべき古き映写機 映写機が通る

映画関係の資料を管理・保管する「リヒトシュピール協会(Verein Lichtspiel)」は、所蔵品を新しい保管所に移すため、大がかりな引っ越し作業を行った。手作りの台車に年代物の映写機を載せ、ベルンの街中を練り歩くさまはまさに「ゾウのパレード」だ。

同協会の従来の保管所は、ベルンのはずれにある旧チョコレート工場。ほこれまみれの映写機に囲まれて、観客はここで定期的に映画を観ることができた。

しかし2012年秋、保管所の移転が決定。9月のある日曜日に行われた移転作業に集まったのは、約100人のボランティア。映写機40台を木製の台車に乗せ、それを慎重に手で押しながらベルンの町中を歩いた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。