ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

写真集・展覧会 時の流れと共に

「写真の一枚一枚はそれぞれの人間関係の記録、それらが一体となった写真集は時代の記録」。スイスの写真家バーバラ・ダヴァッツさんは、長期に渡って作り上げた自身の作品集をこう表現する。その写真集とタイトルを同じくする展覧会「As Time Goes By」によって、今では古典となったダヴァッツさんの作品に再び光が当てられる。

1982年、淡い灰色を背景に恋人、友人、親類など、様々な関係の若いペア12組を撮影したのが始まりだった。写真家のバーバラ・ダヴァッツさんは、冷静でありながらも思いやりの眼差しで、個人、そして1組のペアとして、被写体の細部を観察してきた。

その後、ダヴァッツさんは1988年、1997年、2014年に同じ被写体を呼び、毎回同じやり方で撮影することで、時が経過する中で見られる変化やその連続・非連続性を写真に記録し続けた。こうして出来上がったダヴァッツさんの写真集「As Time Goes By(時の流れと共に)」は広範囲な人間関係の相関図でもある。

3世代に渡る被写体のポートレートが収められているこの写真集は、歳を重ねること、家族の成長、喪失、流行による社会の変化などを物語っている。この作品を通じてダヴァッツさんは、時間の流れを可視化し、時間が私たちにどう作用するのかを伝えてくれる。

展覧会「As Time Goes By」はヴィンタートゥール写真美術館にて、2月27日から5月16日まで開催される。

(文・Ester Unterfinger、swissinfo.ch)

タグ

Neuer Inhalt

Horizontal Line


swissinfo.ch

公式アカウントはじめました!

公式アカウントはじめました!

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。