Navigation

欧州最長の橋、チューリッヒ湖に完成

チューリッヒ湖を歩いて渡れる欧州最長の橋が6日オープンした。チューリッヒ湖北岸のラッパースヴィルと対岸のフルデンに架かる全長841mの歩行者専用の木製の橋は、中世の巡礼の道を再現した。今までボートでしかアクセスできなかったラッパースヴィル近くの小島にあるチャペル、聖ハスリにも歩いて行けるようになった。

このコンテンツは 2001/04/11 10:31

ラッパースヴィルとフルデンを結ぶ橋は、1878年まで5世紀にわたって総ンしていた古い橋を参考に建設された。14世紀、シュヴィーツ州アインジーデルンからスペイン・サンチャゴ・デ コンポステラに向かう巡礼達が利用していた橋だ。この地方には、古代から橋の建設技術が伝えられており、紀元前1500年頃のものと思われる橋の遺跡が発見されている。

先週オープンした橋は、一昨年12月のハリケーン・ロターによる国内の森林の倒木を利用、建設費300万スイスフランで完成した。橋の支柱のほとんどはハリケーンの倒木を利用、他はフランスとドイツからの輸入木で作られた。また、橋の安定の補強と落雷時の保護のため、鋼鉄60トンが使用された。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。