ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

画家としてのフリードリヒ・デュレンマット 絵画を独学で学んだ、才能ある画家

画家になるべきか、それとも作家になるべきか?フリードリヒ・デュレンマットは25歳までその選択に迷い、そして文学の道を選んだ。だが作家は死ぬまで、私的に絵を描き続けた。

現在ヌーシャテルの「デュレンマットセンター」には、デュレンマットの描いた絵画やデッサン、風刺画など約1千点が収められている。その「演劇芸術風の」作品のモチーフは、地域に伝わる話やギリシャ神話からとられることが多かった。

(写真 © Centre Dürrenmatt Neuchâtel)