スイスの視点を10言語で

Christian Raaflaub

関心テーマ:科学、音楽。 イニシャル:raf

記者としてラジオ、テレビ、オンラインメディアに従事。

4足歩行型ロボット「ドビー」

おすすめの記事

宇宙を目指すスイス製犬型ロボット「ドビー」

このコンテンツが公開されたのは、 互いに通信し、判断・行動する自律型ロボット集団が宇宙探査ミッションの主戦力になる日は案外近いかもしれない。その実現に向けて先端技術の開発に取り組むスイスの研究グループを取材した。

もっと読む 宇宙を目指すスイス製犬型ロボット「ドビー」
ロボットのイラスト

おすすめの記事

考慮すべき人工知能(AI)の倫理問題

デジタル化・ネットワーク化は経済や社会に大きなチャンスをもたらすが、倫理的な問題も引き起こす。AI開発の先進国スイスには、どのような課題が浮上しているのだろうか。

もっと読む 考慮すべき人工知能(AI)の倫理問題
バイソンの親子

おすすめの記事

バイソンを森に戻す

このコンテンツが公開されたのは、 1920年頃に野生のヨーロッパバイソンは絶滅したが、スイスのソロトゥルン州では現在、バイソンの野生復帰を試みるプロジェクトが進められている。

もっと読む バイソンを森に戻す
バイソン

おすすめの記事

絶滅したバイソンを育むスイスの森

このコンテンツが公開されたのは、 一時絶滅に追い込まれた森の主、ヨーロッパバイソン。この夏、スイスで千年ぶりにバイソンの子牛が誕生したことが話題になった。

もっと読む 絶滅したバイソンを育むスイスの森
このシンボル画像は、編集部が画像生成AIのDALL·E 2(ダリツー)を使って作った

おすすめの記事

人工知能(AI)の規制 スイスの立ち位置は?

このコンテンツが公開されたのは、 人工知能(AI)がその意志に従って何かを行うことは許されない。欧州連合(EU)と欧州評議会は規制の草案を作成中だ。スイスはどうするのか?

もっと読む 人工知能(AI)の規制 スイスの立ち位置は?
Women celebrating the climate law

おすすめの記事

環境保護法可決 ~賛成派・反対派のコメント

このコンテンツが公開されたのは、 スイスで18日、9カ月ぶりに国民投票が行われた。2050年までに温室効果ガス排出量の実質ゼロを目指す環境保護法は賛成59.1%で可決された。

もっと読む 環境保護法可決 ~賛成派・反対派のコメント
VR デバイス

おすすめの記事

サイバー酔い どう防ぐ?

このコンテンツが公開されたのは、 バーチャルリアリティ(VR)機器を使うと、多くの人が気分が悪くなる。メタバースのような新興空間を成功に導くにためには、テック企業がこの問題を解決しなければならない。スイスの研究者があるソリューションを説明する。

もっと読む サイバー酔い どう防ぐ?
VRゴーグル

おすすめの記事

サイバー酔いしない仮想現実 研究はどこまで進んだ?

このコンテンツが公開されたのは、 巨額の利益が期待される技術分野がある。メタバースだ。だが、この仮想世界の中で動くのに必要なVRゴーグルを着けると気分が悪くなる人が後を絶たない。この問題にスイスの研究者が取り組んでいる。

もっと読む サイバー酔いしない仮想現実 研究はどこまで進んだ?
「ベドレット・ラボ」に向かう途中で水サンプルを採取するカーラ・マグニャボスコ氏

おすすめの記事

「探偵のように」生命起源の謎に迫る若き研究者

このコンテンツが公開されたのは、 連邦工科大学チューリヒ校(ETHZ)のカーラ・マグニャボスコ助教(33)は子供の頃、プロのサッカー選手になりたかった。だが科学への好奇心が勝り、研究者の道へ。今、生命の起源の解明を目指し地下奥深くへと突き進む。

もっと読む 「探偵のように」生命起源の謎に迫る若き研究者
写真

おすすめの記事

地下深部から探る地球外生命の可能性

このコンテンツが公開されたのは、 生命はどのように発生したのか?地球以外の惑星にも存在するのだろうか?若き研究者、カーラ・マグニャボスコ氏はその答えを探し求めている。

もっと読む 地下深部から探る地球外生命の可能性
糞便サンプルはシャーレで培養し分析する

おすすめの記事

微生物バンク「ノアの箱舟」 健康な腸内フローラのために

このコンテンツが公開されたのは、 世界中のマイクロバイオーム(対象の環境下に存在する微生物の集合体とそのゲノム情報の総体)を集めて保存する国際プロジェクトが始まった。貯蔵場所に選ばれたのはスイスだ。

もっと読む 微生物バンク「ノアの箱舟」 健康な腸内フローラのために
写真

おすすめの記事

私たちの健康を守るバックアップ

このコンテンツが公開されたのは、 「マイクロバイオータ貯蔵庫」プロジェクトは世界中の微生物を集めて保存する生物バンクの構築を目指す。

もっと読む 私たちの健康を守るバックアップ
海

おすすめの記事

「地球以外にも生命は存在する」

このコンテンツが公開されたのは、 スイスのノーベル賞受賞者ディディエ・ケロー氏とスイス・ドイツ人の宇宙物理学者サッシャ・クヴァンツ氏が、生命の起源を研究するための拠点をチューリヒに立ち上げる。

もっと読む 「地球以外にも生命は存在する」
極度の疲労感は、コロナ後遺症の症状の1つに過ぎない(参考写真)

おすすめの記事

スイスで進むコロナ後遺症の学術研究

このコンテンツが公開されたのは、 新型コロナウイルス感染後、長期間症状に苦しむ人が多数いることが明らかになってきた。コロナ後遺症は、医療システムの脅威になるのか。

もっと読む スイスで進むコロナ後遺症の学術研究
Researcher evaluates flavours with the aid of a sniffing device

おすすめの記事

チョコレートのアロマキット

このコンテンツが公開されたのは、 チューリヒ応用化学大学(ZHAW)の食品研究者がチョコレートの味を生み出すカカオの化学化合物を特定することに成功。専門家が感覚を磨くためのアロマキットを開発した。

もっと読む チョコレートのアロマキット
Chocolate made in the lab.

おすすめの記事

スイス発 研究室製「培養」チョコレート

このコンテンツが公開されたのは、 スイスの研究者チームが、カカオ豆の細胞培養によるチョコ作りに初めて成功した。従来のカカオ栽培に取って代わる技術革新となるだろうか。

もっと読む スイス発 研究室製「培養」チョコレート
Géraldine Gubser & Yannick Senn

おすすめの記事

研究室でチョコレートができるまで

このコンテンツが公開されたのは、 ヴェーデンスヴィールにあるチューリヒ応用科学大学(ZHAW)の研究室では、世界で初めてカカオ豆からの細胞培養に成功した。

もっと読む 研究室でチョコレートができるまで
上から見た机

おすすめの記事

コロナがもたらす科学のジレンマ

このコンテンツが公開されたのは、 新型コロナウイルスのまん延を機に、科学の動向が世界中で注目されるようになった。政策や市民の生活に対し、これほどまでに影響力を持つのはあまり前例がない。だが、欠点もある。危機的な状況下でスピードにこだわるあまり、科学への信頼が損なわれる恐れがある。

もっと読む コロナがもたらす科学のジレンマ
ロボットと子供

おすすめの記事

ロボットは教師の代わりになるか?

このコンテンツが公開されたのは、 新型コロナウイルス感染症の世界的大流行は、教育現場にも影響を与えた。遠隔授業や対面授業で「ロボットに授業を任せてはどうか」という声が挙がっている。専門家は多くの可能性を認めると同時に、ロボットが人間らしくなりすぎることへの危険性を指摘する。

もっと読む ロボットは教師の代わりになるか?
写真

おすすめの記事

空から見たスイス、よりリアルになって登場

このコンテンツが公開されたのは、 グーグルマップなんてお呼びじゃない?少なくともスイスを空から眺めるなら、連邦地理局(swisstopo)が完成させた国内全土の高解像度航空写真がおすすめだ。

もっと読む 空から見たスイス、よりリアルになって登場

人気の記事

活発なディスカッション

SWI swissinfo.ch スイス公共放送協会の国際部

SWI swissinfo.ch スイス公共放送協会の国際部