Sonia Fenazzi

主な担当分野:直接民主制、スイス政治、医療制度、社会福祉。 イニシャル:sf

イタリア語担当記者。1989年からベルンで活動。

イタリア語編集部

おすすめの記事

スイスに公営住宅の割り当て基準は必要か?

このコンテンツは 2020/01/16 国に低家賃住宅の促進を義務付けるよう求めるイニシアチブ(国民発議)「もっと手の届く住宅を」が2月9日、スイスで国民投票に掛けられる。賛成派は投機家よりも賃借人を優遇すべきだと主張する一方で、反対派は規制の行き過ぎはかえって不動産市場の不安定化を招くと非難する。

おすすめの記事

スイスの若手消防団員、なり手不足

このコンテンツは 2019/12/10 スイスでは災害、自然災害時の支援活動は、本職があり非常時のみ出動する有志の消防団員の活躍に頼るところが大きい。ところが近年、消防団員希望者の数が減少を続けているという。オープン・デーに消防署を訪問し、昼夜を問わず精力的に自治体の防災活動に関わる2人の消防団員に話を聞いた。

おすすめの記事

「年配者への差別なくせ」スイスで国民投票目指す

このコンテンツは 2019/08/09 年配者の多くが、自分は冷遇・差別されていると感じている。こうした「年齢差別」を撲滅しようと、スイスで2件のイニシアチブ(国民発議)が提起に向け準備中だ。1つは年齢差別の撤廃を求めた内容で、もう1つは、高齢者のケアとそのコスト負担の在り方に焦点を絞ったものだ。

おすすめの記事

スイスが電子投票の全面導入を当面見送り これまでの努力はどこへ?

このコンテンツは 2019/07/13 スイスで進行中だった電子投票の実現が大きく遠のいた。通常の投票方法に電子投票を追加するという目標を、連邦政府が改めたのだ。だが、チューリヒ大学の嘱託研究員、アルディタ・ドリザ・マウラーさんは、これまでの努力が無駄になることはなく、多くの面で報われるはずだと語る。

おすすめの記事

厳しい審査、でも増える会員数 スイス人は「射撃に夢中」

このコンテンツは 2019/05/08 「スイスは射撃が盛んな国」と言うと少しおおげさかもしれない。しかしスポーツ射撃に関しては、地方に限らずスイス全国で根強い人気がある。19日に国民投票にかけられるスイスの銃規制法の厳格化を目前に、ジュネーブにある二つの射撃クラブを訪れた。

おすすめの記事

銃所持にこだわるスイス人 EUの銃規制に伴う法改正案に集中砲火

このコンテンツは 2019/04/04 2019年5月19日の国民投票で、EUの銃規制法を非加盟国のスイスでも採用すべきかが有権者に問われる。スイス連邦議会は昨年9月、EUの新しい銃規制に適応した法改正案を可決したが、見直しを求めるレファレンダムが成立。シェンゲン協定の存続のために立法の修正を迫られるスイス政府は窮地に立たされれた。

おすすめの記事

憲法改正でスイスの自転車利用者は増えるか

このコンテンツは 2018/08/28 交通インフラを整備し、自転車の利用を促進- このような目標を掲げた、自転車専用レーンの設置を憲法に盛り込もうという提案が、9月23日の国民投票にかけられる。連邦政府・議会がともに支持を表明する一方で、右派国民党はこのような憲法改正は非現実的で不必要だと反対している。