経済

主な記事

以下のコンテンツは、主な記事の最新記事が掲載しています

製薬大国の悩み なぜ裕福な国スイスでワクチンが不足しているのか?

スイスでは今、16種類の主要ワクチンが在庫不足に陥っており、医師たちは対応に迫られている。世界で最も裕福な国の一つに数えられるスイスが陥ったワクチン在庫不足の原因、そしてこれまでの国の対策について探った。

関連コンテンツ

以下のコンテンツは、役に立ちそうな情報のトピックや記事を掲載しています

主な記事の続き

以下のコンテンツは、主な記事の関連記事を掲載しています

「最後の事件」の舞台、スイス・マイリンゲン 翻訳者、東山あかねさんが想像したシャーロック・ホームズ像

​​​​​​​ 英国の小説家アーサー・コナン・ドイルは19世紀末、スイス中部にある小さな町マイリンゲンを訪れ、水が轟き落ちる偉大なライヘンバッハの滝つぼを見て、名探偵シャーロック・ホームズのクライマックスをこの場所に決めた。そして1893年にこの滝を舞台にした『最後の事件』を出版した。 ...

アルプスの野生動物 ツェルマットの村にマーモットが出没、民家に被害

マッターホルン登山の拠点となるヴァレー州ツェルマットで、アルプスに生息する野生のマーモットが人里に下り、民家の壁をかじったり農地に穴を掘ったりするなど被害が出ている。地元自治体は被害の拡大を防ぐため駆除に乗り出したが、かわい...

2017年9月24日の国民投票 女性の定年年齢、スイスは64歳 各国は?

スイスでは24日、年金制度改革案「老齢年金2020」などの是非を問う国民投票が行われる。改革案の中でも議論の中心になっているのが、女性の定年年齢を現行の64歳から65歳に引き上げる案だ。欧州各国の女性の定年年齢を比べると、ス...

メディアと民主主義 メディア業界に激震 14紙で主要ニュースを一本化

スイスのメディア企業最大手・タメディア(Tamedia)は8月23日、傘下の新聞14紙の編集部を2つに統合すると発表した。

仮想通貨投資 仮想通貨ブーム 便乗狙うスイスの「スーパーリッチ」

スイスで仮想通貨を扱っているのは主に専門業者だが、超富裕層の投資家や、主要銀行数社を含む機関投資家も増加中だ。

イノベーション スイスの優れたスタートアップ企業ベスト100 トップ5はどんな会社?

スイスのスタートアップ支援団体「新興企業のための機構(IFJ)」が7日、国内で最も優れたスタートアップ企業100社を発表した。そのトップ5に輝いたのはどんな会社なのか。

スイスのリサイクル事情 古紙リサイクル、段ボールは増加、新聞紙は減少 ネットが影響

スイス国内でリサイクルに出される段ボールは増加の一途をたどる一方、新聞紙は減少している。インターネットの普及によりオンラインショッピングで買い物する人が増え、新聞を購読する人が減ったことが背景にある。

健康的なダイエット ヨーグルトとシリアル砂糖含有量 最大5%削減へ

連邦内務省食品安全・獣医局(BLV)は5日、国とスイスの主な食品製造業者・小売業者がヨーグルトと朝食用シリアルに含まれる砂糖の量を2018年末までに最大5%削減する自主協定に合意したと発表した。  ヨーグルトは2.5%、朝食用シリアルは5%削減する。  国は15年8月、 ...

スイス流フィンテック スイス南部キアッソでビットコイン納税が可能に

スイスはフィンテックや仮想通貨(暗号通貨)のスタートアップ企業の国際的なハブになろうと、さまざまな取り組みを徐々に増やしている。イタリアとの国境の町キアッソで、ついにビットコインで納税することが可能になる。  キアッソは来年初めから、 ...

ビットコイン カレーソーセージ、お代は0.0019ビットコイン

昔ながらの屋台料理として人気のカレーソーセージ(カリーヴルスト)がデジタル世界に仲間入りした。スイス国内の店舗では、仮想通貨ビットコインで買えるようになったのだ。  カレーソーセージのレストランを経営する「ヴルスト&モリッツ(Wurst&Moritz)」は、 ...

安全通貨 北朝鮮核実験により、一時スイスフラン高・円高の動き

北朝鮮による6回目の核実験を受け、スイスフランが一時上昇。武力衝突への予想は少ない。  4日の外国為替市場では安全通貨であるスイスフランや日本円に上昇圧力がかかった。フランは対ドルで先週末より0.5%、円は0.7%それぞれ上昇した。ただ本格的な武力衝突に向かうとの見方は少なく、 ...

ヴェルザスカ渓谷 スイスの「モルディブ」にイタリア人観光客が殺到

今夏、スイス南部ティチーノ州のヴェルザスカ渓谷にある小さなラヴェルテッツォ村に、大勢のイタリア人観光客が押し寄せている。きっかけは若いイタリア人観光客がインターネット上に投稿した「ミラノのモルディブ」という動画。透き通ったターコイズ色の水や美しい景観など、...

核の危機 日本でスイス式の核シェルター

北朝鮮が29日早朝、日本に向けてミサイルを発射し、国民の間で核への不安が高まっている。そんな中、スイスの技術を取り入れた個人用核シェルターを販売する兵庫県の企業がスイスのメディアで紹介された。シェルターを販売しているのは神戸市垂水区の織部精機製作所で、今年に入って注文件数が急増しているという。...

2017年9月24日の国民投票 農場から食卓へ 食料安全保障を憲法に盛り込む

9月24日の国民投票では、スイスの食料安全保障に関する包括的改革案への最終的な是非が問われる。改革案の内容は農業および食料サプライチェーン全体に及ぶ。  改革案への反対は限定的で、現状の固定化に過ぎないと見なされている。賛成派は、 ...

地域活性化 スイス国内最小の村、村全体をホテルに

スイス南部ティチーノ州のヴェルツァスカ渓谷にある小さなコリッポ村で、村全体をホテルにしようというプロジェクトが進んでいる。歴史的な家並みが美しいこの村は国内最小の自治体で、人口はわずか14人。村に点在する古い建物の部屋を宿泊施設として活用し、村の活性化を図るのがプロジェクトの狙いだ。...

電動アシスト自転車 安い、速い、環境に優しい カーゴバイクがスイスで人気

子どもの送迎や買い物に、あるいは新鮮なパンやチーズの配達に―。荷物を運ぶための自転車「カーゴバイク」を使う人が、スイスの都市部で増えている。特に人気なのが電動アシスト付きのタイプ。技術の進歩によって、急な坂の多いスイスの街を楽々走れるようになったことが人気に拍車をかけている。 ...