経済

主な記事

以下のコンテンツは、主な記事の最新記事が掲載しています

お財布事情 スイス人口2割「急な出費に備えなし」 国の調査結果で

連邦統計局は16日、スイス国民の賃金と生活状況に関する調査結果を発表し、2016年は人口の21.5%が2500フラン(約28万円)の請求書を1カ月以内に支払えない経済状態だったことがわかった。

経済力と政治制度 堅調なスイス経済は連邦制のたまもの?

スイスは他国がうらやむほど好調な経済を維持し、国際競争力ランキングで常に上位に入っている。はたしてスイス経済が成功している理由は、その政治制度にあるのだろうか。

関連コンテンツ

以下のコンテンツは、役に立ちそうな情報のトピックや記事を掲載しています

主な記事の続き

以下のコンテンツは、主な記事の関連記事を掲載しています

世界5大陸から魚や爬虫類が集結 ヨーロッパ最大級の淡水魚水族館「アクアティス」、スイスにオープン

アマゾンに生息する珍しい淡水魚も鑑賞できる、ヨーロッパ最大級の淡水魚水族館「アクアティス(Aquatis)」が先月21日、ローザンヌにオープンした。水族館側がこの事業を科学的で持続可能なプロジェクトだと捉える一方、動物保護団体は批判の声を上げている。

億万長者 資産10億ドル超の「ビリオネア」、人数も資産総額も増加傾向

保有資産が10億ドル(約1140億円)以上の富豪「ビリオネア」は2016年、世界で1542人を記録した。そのうち35人はスイスに居住。世界のビリオネアの資産総額は前年比17%増の6兆ドル。背景には、アジアでビリオネアが急増していることや、資源、製造業、金融、テクノロジー分野の成長が挙げられる。

スイス国立博物館 クリスマスはもうすぐ 光のスペクタクル

チューリヒ中央駅前にあるスイス国立博物館で16日、イルミネーションと音楽が織り成すイベント「イルミナリウム」が始まった。

米金融当局と合意 クレディ・スイス、外国為替取引の不正行為で罰金150億円

米ニューヨーク州金融サービス局(DFS)は13日、銀行大手クレディ・スイスが外国為替取引で不正行為を働いていたとして、同銀行がDFSとの同意審決に基づき、罰金1億3500万ドル(約151億2千万円)を支払うことで合意したと発表した。

スイスと日本をつなぐ 南海電鉄、スイスのMOB鉄道と姉妹提携

大阪から和歌山、高野山をつなぐ南海電気鉄道(本社・大阪市)とスイスのモントルー・オーベルラン・ベルノワ鉄道(MOB、本社モントルー)が姉妹鉄道協定を結んだ。

クレディ・スイス「グローバル・ウェルス・レポート2017」 世界の富裕度ランキング、スイスが1位

スイス金融大手のクレディ・スイスは14日、世界各国の富裕度を調査分析した「グローバル・ウェルス・レポート2017」を発表した。スイスの成人1人あたりの純資産額は53万7600ドル(約6千700万円)で世界最高額だった。

楽しくお金の勉強 ブタの貯金箱がデジタルに

これまで子供たちがお金を貯めるといえば貯金箱だった。代表的なのがブタの形のもので、子供たちはそれを使ってお金を貯めることの大切さを学んだ。銀行の国・スイスでは、ブタの貯金箱もいち早くデジタル化の道を歩んでいる。(RTS, swissinfo.ch)

人材育成 ブートキャンプ式のプログラマー養成学校 スイスでスタート

就職に役立つプログラミング技術がすぐに身につけられる、短期集中型のプログラマー養成学校がスイスで次々と誕生している。需要の高い仕事に就くための早道とされ、難民から転職希望者まであらゆる人たちを惹きつけている。

世界最大の時計・宝飾品見本市 バーゼル・ワールドに逆風 出展企業が下降線

来年3月22日~27日に開かれる世界最大の時計と宝飾品の見本市、バーゼル・ワールドが逆風にさらされている。出展企業は前回の半数の600~700社にとどまる見込みだ。

タックスヘイブンを取り巻くカネ 「パラダイス文書」で浮上したスイスの大物たち

タックスヘイブン(租税回避地)をめぐる膨大な量の投資関連データがリークされた。いわゆる「パラダイス文書」の関係者にはスイスの政治家や企業経営者、企業も含まれている。これまでのところ、違法行為を証拠づけるものは何もない。

FIFAが最下位 スイスの社会貢献度が高い企業・団体はどこ?

スイス人が選ぶ国内で最も社会貢献度が高い企業・団体ランキングで、今年の栄えある1位にスイス航空救助隊「レガ(Rega)」が輝いた。

買い物天国 国内で2番目に大きいショッピングモールがオープン

スイス国内で2番目に大きいショッピングモールが8日、古都ルツェルン市近郊のエビコンにオープンした。開店前から数百人が列を作る人気ぶり。買い物客で終日にぎわった。

求む!サイバー戦士 サイバー人材不足に悩む連邦国防相

政府や企業を標的にしたサイバー攻撃が絶えず発生する中、スイス連邦政府は対策に当たる人材不足に悩んでいる。ギー・パルムラン国防相は、優秀な専門家を集めるために政府がもっと努力しなければならないと主張する。

きれいな駅に スイスの鉄道駅、2018年末に全面禁煙へ

スイス連邦鉄道(スイス国鉄、SBB)は、2018年12月末に鉄道駅を全面禁煙にする計画を進めている。

エコ スイスのスーパー、有料レジ袋導入1年で成果

スイス国内の主要なスーパーマーケットがレジ袋を有料化して1年が経ち、早くも効果が現れている。1枚5ラッペン(約6円)のレジ袋を使う人は8割減り、大手スーパーのコープによると、プラスチックの年間使用量は850トン減少した。

スイスの時計産業 日本人建築家が設計、オメガの新しい製造拠点が登場

高級時計メーカー、オメガの新しい製造拠点がスイス西部にあるベルン州ビール(ビエンヌ)市にお目見えした。この近未来的な建物を設計したのは日本人建築家の坂茂(ばん・しげる)さんだ。