スイスの視点を10言語で

スイスのCEO、報酬は今年も欧州トップ

会議室
スイス企業の役員室。恵まれているのは眺めだけではない © KEYSTONE / CHRISTIAN BEUTLER

欧州諸国の最高経営責任者(CEO)の報酬比較調査で、スイスが再びトップに立った。調査では、この一年で報酬額が全体的に上昇したこともわかった。

 比較調査「ユーロトップ100」はコンサルタント大手ウイリス・タワーズワトソン外部リンクが20日発表。昨年、スイスの大手企業経営者の報酬は870万フラン(9億5700万円)だった。

 2位は英国(中央値721万フラン)、3位はドイツ(718万フラン)。スイスは昨年の調査でも1位だった。

 CEO報酬の個人別では、スイスの製薬会社ロシュのセヴリン・シュヴァン外部リンク氏が最高額の1457万フラン。酒類メーカーのアンハイザー・ブッシュ・インベブ(ABインベブ)のカルロス・ブリト氏が1449万フラン、スイスの銀行UBSのセルジオ・エルモッティ氏が1416万フランだった。

 スイスは報酬総額に占める固定給の割合が25%で、欧州企業100社の中で最も低かった。ウイリス・タワーズワトソンのオラフ・ラング社長は「ボーナスなどの変動要素が多く、それによって報酬額が押し上げられている」と分析する。

 ボーナスなどのインセンティブを付与する文化は欧州でも国によって異なるが、北欧諸国では固定報酬により重点が置かれている(下記の表を参照)。

外部リンクへ移動

全体的な報酬額も上昇

 調査では、スイス国内の企業トップに対する報酬額は昨年比0.1%増とほぼ変わらなかったのに対し、欧州全体の中央値は約5%上昇した。

 スイスでは2013年3月の国民投票で、企業幹部の高額報酬を抑制するイニシアチブ(国民発議)が可決された。だが同年11月の国民投票では、幹部報酬を会社の最低賃金の最大12倍に制限するイニシアチブが否決されている。

 このため、スイスでは一部上場企業の株主が役員報酬に対して拒否権を発動する権利を持ち、さらに企業買収を防ぐために役員の退職金を高額に設定する「ゴールデンパラシュート」と呼ばれる手法などが禁じられているのにもかかわらず、CEOの報酬が依然として高い状態にある。

 しかし、欧州で現在調整が進む新たなルールが、スイスにも何らかの影響を与えそうだ。欧州連合(EU)が新たに定めた株主の権利指令書(SRD)は、企業の報酬計画には株主の拘束力のある決議、個々の幹部報酬には拘束力のない決議をそれぞれ必要とするという内容だ。

 企業はまた、最高賃金と最低賃金の間の関係性を開示しなければならないとしている。この指令書は、来年6月までにEU加盟国が実施する必要がある。

おすすめの記事
スイスの銀行員

おすすめの記事

スイスは30歳独身で月収69万円 本当に夢のような暮らし?

このコンテンツが公開されたのは、 スイス人は欧州諸国に比べてずっと高給取りだ。それも30歳で月6千フラン(約69万円)。外国人から見れば夢のような数字だが、生活費や税金を考慮すると、実はそうでもない。

もっと読む スイスは30歳独身で月収69万円 本当に夢のような暮らし?

ニュース

ロジャー・フェデラー

おすすめの記事

フェデラーの艇庫建設に反対運動 「湖岸への出入りを阻害」

このコンテンツが公開されたのは、 スイスの元テニス選手、ロジャー・フェデラーさんが計画するチューリッヒ湖畔のボートハウス(艇庫)建設に対し、「人々の湖畔の往来を阻害する」として反対する声が上がっている。

もっと読む フェデラーの艇庫建設に反対運動 「湖岸への出入りを阻害」
スーツ姿の男性と女性

おすすめの記事

スイス公共放送協会、次期会長に初の女性トップ

このコンテンツが公開されたのは、 スイス公共放送協会(SRG SSR)は25日に開いた総会で、次期会長にドイツ語圏スイス公共放送(SRF)で文化部長を務めるジャーナリストのスザンネ・ヴィレ氏(50)を選出した。女性のトップ就任は初めて。

もっと読む スイス公共放送協会、次期会長に初の女性トップ
EPFL

おすすめの記事

スイス、国立大留学生の学費を3倍に引き上げへ 下院委員会が可決

このコンテンツが公開されたのは、 スイス下院委員会は連邦工科大学チューリヒ校(ETHZ)と同ローザンヌ校(EPFL)の留学生の学費をスイス人学生の3倍に引き上げる案を可決した。27日に始まる夏期本会議で審議する。

もっと読む スイス、国立大留学生の学費を3倍に引き上げへ 下院委員会が可決
チューリヒにある国際サッカー連盟(FIFA)の本部

おすすめの記事

FIFA、脱スイスに向け定款改正

このコンテンツが公開されたのは、 国際サッカー連盟(FIFA)は17日、本部をスイス・チューリヒ以外に移せるよう定款を改正した。

もっと読む FIFA、脱スイスに向け定款改正
眼下に広がる町と湖

おすすめの記事

ウクライナ平和サミットの舞台スイス・ビュルゲンシュトック 地元住民は離心

このコンテンツが公開されたのは、 6月15~16日に開催されるウクライナ平和サミットの舞台として、ルツェルン湖を望むホテル「ビュルゲンシュトック・リゾート」が注目を浴びている。かつては庶民も受け入れられる高級リゾートして地元に愛されていたが、近年は事情が違うようだ。

もっと読む ウクライナ平和サミットの舞台スイス・ビュルゲンシュトック 地元住民は離心
英語でスイスと書かれたステージでパフォーマンスをするノンバイナリー男性

おすすめの記事

ユーロビジョン、「ノンバイナリー」自認のスイス代表優勝 イスラエル参加に抗議も

このコンテンツが公開されたのは、 欧州国別対抗の音楽祭「ユーロビジョン・ソング・コンテスト」の決勝が11日、スウェーデン南部マルメで行われ、「ノンバイナリー」を自認するスイス代表のNemo(24)が優勝した。会場周辺ではイスラエル参加に対する大規模な抗議活動も行われた。

もっと読む ユーロビジョン、「ノンバイナリー」自認のスイス代表優勝 イスラエル参加に抗議も
ビクトリノックスのアーミーナイフ製造現場

おすすめの記事

ビクトリノックス、刃のないアーミーナイフを開発

このコンテンツが公開されたのは、 スイスアーミーナイフの製造で知られるビクトリノックス社は、世界で広まるナイフ規制強化の波に対応するため、刃のないモデルの開発に取り組んでいる。カール・エルズナー最高経営責任者(CEO)がスイス紙のインタビューで明かした。

もっと読む ビクトリノックス、刃のないアーミーナイフを開発
管制室

おすすめの記事

スイス飛行機事故、24%増 紛争地上空ではGPS妨害も

このコンテンツが公開されたのは、 スイス連邦運輸省民間航空局(BAZL/OFAC)が3日発表した2023年の航空安全報告書によると、民間・小型航空機の事故件数は9995件と、前年から24%増加した。

もっと読む スイス飛行機事故、24%増 紛争地上空ではGPS妨害も

swissinfo.chの記者との意見交換は、こちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

SWI swissinfo.ch スイス公共放送協会の国際部

SWI swissinfo.ch スイス公共放送協会の国際部